« 検事の犯罪 | トップページ | 毒キノコ »

2010年9月28日 (火)

中国のこと

 尖閣諸島での海上保安庁の巡視船と中国漁船の衝突事件で、すったもんだの末沖縄地検は漁船の船長を「超法規的配慮」のような形で釈放しました。地検は釈放に当たって「日中関係を考慮した」と述べています。確かにこれ以上日中関係がこじれるのは避けたいですから、釈放はやむをえないでしょう。しかし、その後の中国の態度が解せません。「ありがとう」というのなら話は別ですが、「謝罪しろ、賠償金をよこせ」というのですから。開いた口がふさがらないです。まあ、ビデオが残っているということですから、それでどちらが衝突させたか、故意かという結論は出るでしょうが、釈然としない中国の態度です。

 日本は法治国家ですが、中国は違うようです。政治が簡単に法を捻じ曲げます。法治ならぬ政治(せいち)国家ですね。政治が情報を隠し、歪曲し、国民を扇動し、レアアースの禁輸をほのめかし、軍事力を大々的に増強し、他民族を圧迫・迫害し、周辺国家を不安に陥れています。言いたくありませんが覇権国家といってもいいのではないでしょうか。北朝鮮ほどではないでしょうが、中国の内情も似たようなものでしょう。国が広く、人口が多いだけ不気味な国家です。

アズマレイジンソウ(2010年9月19日 上信国境・鼻曲山) 先回、鼻曲山でキノコをたくさん採ったことを書きましたが、こんな花もありました。この花はトリカブトの仲間ですが、名前(東伶人草)のごとく大変きれいな花です。

100919_2

« 検事の犯罪 | トップページ | 毒キノコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 検事の犯罪 | トップページ | 毒キノコ »