« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月28日 (火)

中国のこと

 尖閣諸島での海上保安庁の巡視船と中国漁船の衝突事件で、すったもんだの末沖縄地検は漁船の船長を「超法規的配慮」のような形で釈放しました。地検は釈放に当たって「日中関係を考慮した」と述べています。確かにこれ以上日中関係がこじれるのは避けたいですから、釈放はやむをえないでしょう。しかし、その後の中国の態度が解せません。「ありがとう」というのなら話は別ですが、「謝罪しろ、賠償金をよこせ」というのですから。開いた口がふさがらないです。まあ、ビデオが残っているということですから、それでどちらが衝突させたか、故意かという結論は出るでしょうが、釈然としない中国の態度です。

 日本は法治国家ですが、中国は違うようです。政治が簡単に法を捻じ曲げます。法治ならぬ政治(せいち)国家ですね。政治が情報を隠し、歪曲し、国民を扇動し、レアアースの禁輸をほのめかし、軍事力を大々的に増強し、他民族を圧迫・迫害し、周辺国家を不安に陥れています。言いたくありませんが覇権国家といってもいいのではないでしょうか。北朝鮮ほどではないでしょうが、中国の内情も似たようなものでしょう。国が広く、人口が多いだけ不気味な国家です。

アズマレイジンソウ(2010年9月19日 上信国境・鼻曲山) 先回、鼻曲山でキノコをたくさん採ったことを書きましたが、こんな花もありました。この花はトリカブトの仲間ですが、名前(東伶人草)のごとく大変きれいな花です。

100919_2

| コメント (0)

2010年9月24日 (金)

検事の犯罪

 世の中すごいことが起きるものです。大阪地検特捜部の主任検事が、証拠となるフロッピーディスクを改ざんしたというのですから。本人は、「あれは事故で、故意ではない」と言っているようです。検事としては言い訳が下手ですね。改ざんソフトを組み込んだ私物のパソコンを職場に持ち込み、日付が変わる様に操作したのですから、これは故意以外の何物でもないでしょう。事故で勝手に日付が変わりますか?本人が意図的に操作を行わなければ日付が変わることはないのです。現職の検事が、これを故意と言わずに事故というのですか。まあ、警察の横暴はある程度知ってたつもりですが、検察もひどいことをするものです。

 これは犯罪に相当し、それも組織ぐるみといえるでしょう。改ざんの報告を受けた前部長が、ミスとして承認したというのですから。それも、新聞記者に、逮捕はいきすぎだと言ったそうです。前田検事と一緒に担当した検事はミスに気付き、公表するように前部長に言ったそうですが無視されたようです。どちらにしろ証拠となりうるものを、検事がいじること自体犯罪といえるでしょう。犯罪を裁く立場にいるものだからこそ、けじめはきちんとつけてもらいたいですね。

ハナビラタケ(2010年9月19日 上信国境・鼻曲山) そろそろカラマツ林にイグチが出るだろうと鼻曲山に行ったのですが、イグチはとれずにその代わりハナビラタケの大株をとりました。ちょっと珍しいカノシタも結構な量がとれて、今年初めてキノコの大漁となりました。写真のハナビラタケは長いほうで40cmくらいあります。

100919

| コメント (0)

2010年9月15日 (水)

税務署に呼び出されました

 9月13日に、高崎税務署に呼び出されました。「受給した年金の税金が払われていないので出頭しろ」ということです。へえ~、年金て税金がかかるのですか。60歳を超えた一昨年から、業界の年金基金からふた月ごとに18万円ほど振り込まれるようになりました。その年金の税金の昨年分の納付がされてないということです。しかし、支払いを委託されている銀行からの源泉徴収票では徴収金額がゼロになっています。てっきり払わなくていいものと思い込んでいましたが、違うのですね。税務署に行くと、会議室のテーブルが並んでいて、多くの人が来ていました。同じような人がいるのでしょう。係官から「税金を払ってください」と言われたので、「請求書もなしにカネを払えとは何事だ」と言ってしまいました。固定資産税は市役所から納付書という請求書がくるでしょう。ところが、地方自治体は請求書を出せるのですが、法律上国税は申告制であって請求書は出せないことになっているのだそうです。そういうものですかね。いろいろと文句をいった挙句、係官がかわいそうなので払うことにしました。

 しかし、昨年受領した年金は108万円です。うち70万円は控除となりますので、課税対象となるのはわずかに38万円です。それに対して税金は87200円でした。会社の経営者としての所得がありますので、税金は所得全体金額で計算するのだそうです。それにしても、私からすれば38万円に対して87200円という気になりますよ。あまりに暴利?ではありませんか?それも延滞金まで取りやがって・・・・。腹が立つ。

ガンコウランの実(2010年8月28日 北八ヶ岳・双子山) 秋の山の楽しみは、木の実を食べることです。前にも書きましたが、クロマメノキやガンコウラン、イチゴ、コケモモなどなど。ガンコウランはどこの山にもあるくらいで珍しくもないのですが、双子山にはあまりにもたくさんあって、ペットボトル一杯に取りました。持ち帰ってジャムにしたのですが、少々種が邪魔でした。

100828

| コメント (0)

2010年9月10日 (金)

Microsoft Officeで図形のパターンがない

 ワードやエクセル、パワーポイントを当たり前のように使っているのですが、講習会資料としてパワーポイントのスライドを作成しているとき、図形の塗りつぶしでパターンを選ぶことができなくなっているのに気がつきました。3か月前まで使っていた前のバージョンでは出来たのですが、2007では出来ません。調べてみると、ワードはパターンがあるのですがエクセルもなくなっていました。講習会では、画面で説明するときはいいのですが、白黒印刷したものを配布したら濃淡がないと全くわかりません。今までは、白黒印刷してもわかるように、点・斜線・格子などのパターンで描いていました。なんでなくなってしまったのでしょうかね。

 マイクロソフトも利用者の不便さに気がつかなかったのでしょうか?それとも、白黒印刷などをするということがあるわけがないと、配慮が及ばなかったのでしょうか?少々傲慢のような気がします。でも、なぜワードにだけ残したのですかね。それも謎です。仕方がないのでワードで図を描いて、コピーしたものをパワーポイントに張り付けるようにしています。マイクロソフトさん、何とかしてください!!

イワインチン(2010年9月4日 湯の丸山) 高山というよりは、関東周辺では上信越国境の2000m程度の山に多くあります。秩父の雁坂峠や乾徳山にもあったことを思い出しました。

100904

| コメント (0)

2010年9月 8日 (水)

夏風邪をひきました

 どうも、富士山麓朝霧高原から風邪のウィルスを持ってきてしまったようで、先週の土曜日頃から喉の傷みがひどくなりました。最初は富士でしゃべりすぎたのかな、と思ったのですが、だんだんとひどくなり、日曜日には熱が出始めました。夏風邪のウィルスは沢山あるようですが、最初に喉に来たので私は「アデノウィルス」と勝手に決め付けています。月曜日に会社の近くの薮井医院に行き、見てもらいました。しかし、面白いですね、先生が私の症状を聞いてマイクでしゃべると、その症状がパソコンの画面に出てきます。カルテ作成は口述筆記で機械がやってくれるのですね。そのうち機械が処方箋まで出してくれるようになるでしょう。

 昨日は出張があって風邪を押して出かけ、今日は人と会う約束があるので会社に出てきました。社員は皆迷惑そうに私を睨んでいます。一人、風邪をひいたと連絡をしてきて休んでいます。間違いなく私のウィルスでしょう。ごめんなさい。

カワラナデシコ(2010年9月4日 浅間西方烏帽子岳) 風邪と思わず山に出かけて撮った写真です。例年ですと9月になるとキノコを狙ってもっと低い山に行くのですが、今年はあまりの暑さに2000m以上の山にばかり登っています。

100904

| コメント (0)

2010年9月 3日 (金)

暑いですね!

 もううんざりしていて、あまり言いたくないですが暑いですね。言うと余計暑くなるような気がします。8月30日(月)~9月2日(木)まで、富士山の麓の朝霧高原(標高900m)で、土壌・地下水汚染の研修(地盤環境技術研究センター主催)の講師として行っていました。今年は朝霧高原でも暑い日があって、ときどき30℃を超えたそうです。それでも、日陰に入れば涼しいし、夜は毛布が必要です。朝霧高原にいるときは皆で「暑いですね」と言っていましたが、帰ってきたらその比ではありませんね。今年の夏の暑さはやはり新記録で、平均気温が観測最高を記録したのは観測154地点のうち55点に達しました。東京は6~8月の3ヶ月の平均気温が29.6℃で、なんとタイのバンコクよりも高かったそうです。

 そんな中、富士山の登山者数が最高に達したというニュースが新聞に載っていました。山開きをした7月1日から8月31日までで、およそ26万人と出ています。昨年は24.7万人で、1.3万人多くなったようです。すごいですね、2か月で26万人ですか。1日平均で4200人ですよ。我が群馬では、尾瀬はそのぐらいいるのでしょうが、谷川岳でもそんなに沢山は登らないでしょうね。好きな山の一つである白砂山などは、年間で富士山1日の人数にも満たないのではないでしょうか。これだから、トイレはパンクするし、道は荒れるし、遭難者は増えるのでしょう。そろそろ入山制限を考えてもいいのではないでしょうかね。ちなみに、私は富士山には登ったことがありません、登るつもりもありません。あの山は見る山と思っています。

クロマメノキの実(2010年8月21日、浅間西方、水ノ塔山) この山の周辺はクロマメノキが多く、秋には直径7~10mmの名前の通りの黒い実がなります。この実は果物屋さんで売っているブルーベリーと同じもので甘酸っぱく、たくさんとれるとジャムにできます。水ノ塔山の隣の高峰山には、なぜか本物のブルーベリーの大きな株があって、この株だけで小さなビニール袋一杯の実がとれました。ありがたくジャムにして毎朝いただいています。

100821

| コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »