« 群馬県の人口 | トップページ | 暑いですね! »

2010年8月26日 (木)

土壌汚染対策法ガイドラインのセミナー

 8月23日の、土壌環境センターが主催した「土壌汚染対策法に基づく調査及び措置に関するガイドライン」のセミナーに参加してきました。参加者は600人だそうです。会場ではガイドラン3冊が配布されました。土壌環境センターの案内には「(社)土壌環境センターでは、これら3種のガイドラインについてその技術的な内容をわかりやすく解説するセミナーを以下の要領で開催いたします。「改正土壌汚染対策法」に基づく事業実施のため、どうかお役立てください。」とあります。しかし、3冊合計600ページにもなるガイドラインをわずか4時間半程度で、分かりやすく解説できるものですかね。当然ながら、中身は概要に留まっていました。なお、セミナー(ゼミナール)をネットの辞書で引くと、「大学の教育方法の一。教授などの指導のもとに、少人数の学生が特定のテーマについて研究し、報告・討論するもの。」となっています。セミナーは600人もの人を対象にするものではないでしょう。

 前にも書いたのですが、このガイドラインは疑問だらけです。この疑問に後日土壌環境センターが答えてくれるかどうかを質問したのですが、返事は芳しいものではありませんでした。曰く「法の内容は環境省にしてくれ(環境省では直接質問は受け付けていません)」、「沢山の質問が殺到するとセンターはパンクする」などの答えが返ってきました。なら、セミナーなんか開くなと言いたくなりますね。もっともこれはとてもセミナーとは言えないものでしたが。言いっぱなしの放談会でしょう。一部の質問は日本環境協会にもぶつけてみたのですが、ここからは丁寧でわかりやすい回答が返ってきました。ありがたいことです。講習会とか研修会とかを開くのなら、最低でもその疑問に対して答えるべきではないでしょうか。それが、開いた者の責任でしょう。

ヤナギラン(2010年8月21日 高峰高原) 山はいよいよ秋で、花々は秋の色になり、ガンコウラン・コケモモ・クロマメノキはおいしそうな実をつけています。浅間周辺の山々はクロマメノキの多い所で、その実(ブルーベリー)は甘酸っぱく、おいしいジャムになります。

100821

« 群馬県の人口 | トップページ | 暑いですね! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 群馬県の人口 | トップページ | 暑いですね! »