« 土地のお値段 | トップページ | 逆説的大相撲中継方法 »

2010年7月 5日 (月)

コマクサのこと

 古い話で恐縮ですが、2008年7月26日に載せた私のブログ(コマクサというタイトル)に、草津白根のコマクサは西洋コマクサだと書いていたことに対して、後藤さんという方から、「草津白根のコマクサは西洋コマクサではありません」というコメントが寄せられました。参考文献もお知らせくださいました。ありがとうございます。私のほうはろくに調べもしないで、花の色から西洋コマクサと判断していたものですから、汗顔の至りです。今後はよく調べて書くようにしたいと思いますが、私のことですから、つい筆が滑ってしまうこともあるでしょうね。その時はまたご批判のコメントをいただきたいと思います。

 コマクサは高山植物の女王といわれていて、特別の感慨を抱く方が多いようです。私が好きなコマクサの群生地は秋田駒ケ岳で、白馬岳や岩手山に並んで、おそらくは日本最大規模の群生地と思います。そこでは6月にタカネスミレの黄色が斜面を彩り、7月中旬以後はコマクサに代わります。コマクサが咲いている斜面の下は火口原となっていて、見渡す限りチングルマが咲きます。チングルマに交じってウサギギク・アオノツガザクラや南限のエゾツツジが咲くさまは、言葉にはあらわせないほどの情景です。人々はそこをムーミン谷と呼んでいるそうです。ここ数年訪れてはいないのですが、急に行きたくなりました。後藤さん、ありがとうございました。

コマクサ(2000年7月29日、草津白根山(上)と2000年8月9日、秋田駒ケ岳) 草津白根のコマクサは、やはりほかの自生地のものよりは少々色が濃いと思いますが、私の気のせいでしょうか。本白根の歩道脇に植えられていたものです。下の秋田駒ケ岳のものと比べていただければ幸いです。
05

000811

« 土地のお値段 | トップページ | 逆説的大相撲中継方法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土地のお値段 | トップページ | 逆説的大相撲中継方法 »