« 上州の雷 | トップページ | また山の遭難 »

2010年7月30日 (金)

山の遭難とストック

 昨年の7月3日に、中高年の山岳遭難について書いたすぐ後で、痛ましい大雪山の大量遭難事故が発生しました。ツアー19人のほとんどは50歳以上だったそうです。2008年の遭難件数は1631件で史上最高件数でしたが、大雪山の遭難事故があった昨年2009年の遭難件数は1676件で、昨年を上回っております。遭難者数も2008年の1933人が、2009年は2085人と大幅に増加しました。遭難者に40歳以上の中高年(40歳台を中高年というかは別として)が占める割合は2008年は81%(1567人)、2009年は77%(1602人)と圧倒的です。10年前は山で若い人を見ることはあまりなかったのですが、この頃は見かけることが多くなりました。それでも、遭難者に占める40歳以上の割合は8割になっています。

 山は、傍から見ると手軽なスポーツなのでしょう。しかし実際に行ってみればわかりますが、天候・気温・歩行時間・標高差など、行く山・時期によってことごとく異なり、中高年者にとっては、平地でのジョギングなどと比較すると、はるかに過酷なスポーツと言えるでしょう。それを何十人かの団体さんでお気軽登山のような気持で登れば、手ひどい目に会うのは目に見えています。多くの人は地図さえ持たずに、ストックを片手あるいは両手に持ち、岩場の急登でさえストックを手放さずに登り、あるいは下ります。もう、ストックは止めましょうよ。NHKの番組で、ストックが何の役にも立たないことは実証されたではないですか。ストックは山ではバランスを崩し、余計な荷物を増やし、登山道を痛めるものでしかありませんよ。誰かさんの宣伝に踊らされないでください。

コメツツジ(2010年7月24日 群馬・長野県境、白砂山) コメツツジは箱根にもあるくらいで、高山植物といえるかどうかは別ですが、関東周辺の1500m以上の山には多い花です。新潟との境の三国山などにも多くあります。

100724

« 上州の雷 | トップページ | また山の遭難 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上州の雷 | トップページ | また山の遭難 »