« コマクサのこと | トップページ | 二重課税の不可解さ »

2010年7月 7日 (水)

逆説的大相撲中継方法

 野球賭博などで揺れに揺れた相撲界が、二人を解雇、その他多くの親方や力士を処分することで、何とかお茶を濁そうと思ったのでしょうが、とうとうNHKが相撲中継の中止を決めました。優勝の賞品や懸賞金を取りやめる企業も続出しています。お相撲さんの世界では、花札などは普通の遊びで、巡業はかつてはヤクザ屋さんが仕切っていたのでしょう。そういう世界であるということは多くの方がご存じだったわけで、今更大騒ぎするようなことではないのでしょうが、世間に大っぴらになったことからこのような騒動に発展してしまったようです。NHKは視聴者の66%が中継に反対ということで、こちらも20分のダイジェストでお茶を濁すことになりそうです。でも、中継を見たい人もいるでしょうね。

 いっそのこと、どこかの民放で中継をし、ヤクザ屋さんが懸賞金を出し、取組10分前までネットで掛け金を受け付けるというのはいかがでしょうか。どうせやるのなら、正々堂々とやりましょう。日本相撲協会が、JRAのようになればいいのです。そうすれば、八百長も堂々とやるようになり、胴元の相撲協会も潤うことになるではないですか。いい考えだと思いますがねえ・・・。

オオバキスミレ(2010年6月26日、八幡平・畚岳) 平地では、パンジーを除けば黄色いスミレは少ないのですが、山ではタカネスミレ・キバナノコマノツメ・ナエバキスミレなど黄色いスミレのほうが紫系よりも多いくらいです。その中で最も大型のスミレです。

100626

« コマクサのこと | トップページ | 二重課税の不可解さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コマクサのこと | トップページ | 二重課税の不可解さ »