« はやぶさの技術 | トップページ | 電車内で採点していた先生 »

2010年6月24日 (木)

世界のお金持ち

 世界のお金持ち(富裕層)が2009年末で1千万人、日本で165万人になったそうです。お金持ちの定義は、住宅用不動産を除く資産が100万ドル(9000万円)以上とのことですが、へえ~、意外と金額が少ないのですね、というところでしょう。10億円以上ぐらいかなあと思っていました。もっとも、100万ドルでも私には手が届かない金額ではありますが・・・。アジア・太平洋地域では300万人ということですから、日本人が半分を占めているのですかね。これからは、中国やインドで増加するようです。

 今年は、1憶円以上の役員報酬の公開が義務付けられたことから、各社の株主総会での公開が話題になっています。日産のゴーン社長や、ソニーのストリンガー会長が8億円以上でダントツですが、多額の報酬を得ているのは外国人役員が多いようです。日本人役員で1億円を超える人は少ないでしょう。税金でほとんどを持って行かれるとは言え、お金持ちの定義の金額を1年で稼いでしまうのですから、すごいですね。私など、そんなにもらっても墓に持っていけるわけではなく、そこそこ生きていけるお金があればいいと思っていますが、これも貧乏のなせる知恵ですかね。

ミネズオウ(2010年6月12日、浅間山) 浅間山にはハイマツがありませんが、2200mを超えるあたりから、カラマツが矮小化してハイマツのようになっています。その林床をミネズオウ・コメバツガザクラ・ガンコウランやシラタマノキが覆っています。 

100612

« はやぶさの技術 | トップページ | 電車内で採点していた先生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はやぶさの技術 | トップページ | 電車内で採点していた先生 »