« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月29日 (火)

電車内で採点していた先生

 私は通勤で信越線を利用しており、昨日の帰宅時も高崎から乗車しました。座って気がついたのですが、隣に眼鏡をかけた若い女性が座っており、頻りに蛍光ペンを動かしていました。何をしているのかと何気なく見たのですが、驚くことに小学3年生の試験の答案の採点をしていました。生徒の名前も丸見えです。多分どこかの小学校の先生なのでしょう。1学科の枚数は20枚ほどなので、もしかすると塾かもしれません。しかし、どれだけ忙しいかは知りませんが、混雑している電車の中で採点することはないと思いますがねえ・・・。これは、マナー以前の問題でしょう。よくできた生徒の答案には、花丸をつけて「おめでとう」と書いていましたので、生徒には慕われているのかもしれません。でも、もし私にその年頃の子どもがあったとしたら、こんな無神経な先生の担当は願い下げですね。

 信越線の車内マナーはお世辞にも良いとは言えません。老いも若きも、混んでいる車内で荷物を隣の席において、前に立った人に譲ろうなどという人はほとんどいません。高校生は入口にたむろして、乗降客の邪魔をしています。でも、近頃はこれを傍若無人というよりは都会のせせこましい生活になじんでいないゆえ、と思えるようになりました。採点していた先生もそうなのかもしれませんね。

ミズバショウ(2010年6月26日、八幡平) 今年はやはり東北でも雪解けが遅く、花やタケノコ(ネマガリダケですが)の時期が10日ほど遅くなっているそうです。八幡平の八幡沼のほとりでは、ようやくミズバショウやヒナザクラが咲き始めました。

1006252

| コメント (0)

2010年6月24日 (木)

世界のお金持ち

 世界のお金持ち(富裕層)が2009年末で1千万人、日本で165万人になったそうです。お金持ちの定義は、住宅用不動産を除く資産が100万ドル(9000万円)以上とのことですが、へえ~、意外と金額が少ないのですね、というところでしょう。10億円以上ぐらいかなあと思っていました。もっとも、100万ドルでも私には手が届かない金額ではありますが・・・。アジア・太平洋地域では300万人ということですから、日本人が半分を占めているのですかね。これからは、中国やインドで増加するようです。

 今年は、1憶円以上の役員報酬の公開が義務付けられたことから、各社の株主総会での公開が話題になっています。日産のゴーン社長や、ソニーのストリンガー会長が8億円以上でダントツですが、多額の報酬を得ているのは外国人役員が多いようです。日本人役員で1億円を超える人は少ないでしょう。税金でほとんどを持って行かれるとは言え、お金持ちの定義の金額を1年で稼いでしまうのですから、すごいですね。私など、そんなにもらっても墓に持っていけるわけではなく、そこそこ生きていけるお金があればいいと思っていますが、これも貧乏のなせる知恵ですかね。

ミネズオウ(2010年6月12日、浅間山) 浅間山にはハイマツがありませんが、2200mを超えるあたりから、カラマツが矮小化してハイマツのようになっています。その林床をミネズオウ・コメバツガザクラ・ガンコウランやシラタマノキが覆っています。 

100612

| コメント (0)

2010年6月14日 (月)

はやぶさの技術

 2003年に小惑星「いとかわ」を目指して打ち上げられ、2005年にいとかわに着陸した「はやぶさ」が、昨日地球に帰還しました。本体から切り離されたカプセルが無事オールトラリアに落下・回収されたようです。本当は2007年にも地球に帰ってくる予定だったのですが、あちこちの故障に次ぐ故障で3年遅れました。それでも、はるかに遠い月以外の天体に着陸して帰還した、世界初の探査機になります。はやぶさには世界に誇れる技術がたくさん搭載されています。その最たるものがイオンエンジンで、私が小さい頃のSF小説に出ていたものです。それが規模は小さいとはいえ、実現したのですね。はやぶさのイオンエンジンは地球上では1円玉をかろうじて動かせる程度の出力だそうですが、重力のない宇宙では小さい力でも大きなスピードが得られるようになるそうです。このほかにも世界一の技術がふんだんに使われています。

 どこかの馬鹿な議員は、「日本の技術が世界一である必要があるのですか。」などと言っていましたが、「これを見ろ!!」と言いたいです。お前さんの頭程度では理解できないでしょうがね。でも、菅さんよ、あなたならこの快挙を理解できるでしょう。あんな大臣さっさとクビにしなさい。それにしても、12月に営業運転を開始する東北新幹線の名前は「はやぶさ」ではなかったですかね。

コメバツガザクラ(2010年6月12日、浅間山) 去年、浅間山の警報が「1」になり、山頂直下まで登れるようになりました。浅間山の頂上付近はほとんど植物がない世界ですが、少し下がると見事なコメバツガザクラとミネズオウの群落をみることができます。

100612

| コメント (0)

2010年6月11日 (金)

法人税減税大賛成!!

直嶋経済産業相が10日の日経新聞のインタビューに、法人税をまずは5%程度減税したいと答えています。大賛成です。とくに「法人税は税制の一つではあるが、財政の枠組みではなく、成長戦略の政策の一環として考える」と述べていることは、もろ手を挙げて賛成です。ただでさえ法人税は高すぎます。西欧では20~30%程度でしょう。江戸時代の四公六民ではあるまいし、40%も課税するなど、正気の沙汰とは言えないものです。零細企業では、仮に一時的に利益を上げても、40%税金として持っていかれるとなると、その税金を払うために借金をしなければならない羽目になります。まして、半年後には、翌年も黒字とみなされて、さらにその半分を予納しなければなりません。こんな酷なことがありますか。

 減税されれば設備投資が増え、あるいは給料が増え、一時的に税収が減るかもしれませんが経済は活性化します。ようやくそのことに気付いたのでしょうか。税はむしりとるものではありません。生み出す(あるいは生み出る)ものです。そのことを為政者はよく考えてほしいと思います。

ショウジョウバカマ(2010年6月5日、谷川岳・天神平) 雪が多い今年の谷川岳でも、ロープウェイ終点の天神平では、ショウジョウバカマやシラネアオイが雪解けの後を追って咲いていました。

100605

| コメント (0)

2010年6月 9日 (水)

市民運動家であった菅様へ

 あなたは学生のころから首相になるんだと言っていたそうですね。市川房江の選挙を応援し、何回かの挑戦の末ようやく衆院選挙で当選されています。そして今、念願かなって首相になりました。これから何をしたいのでしょうか。新聞とかテレビとかではよくわかりません。総論ばかりです。もっとも首相になった途端に各論を述べるようなら、もっと怖いでしょうが・・・。新聞では「市民目線でお願いします」というような意見が目立ちます。でも、そんなことはやめてください。市民目線で財政の立て直しができますか?経済成長を遂げられますか?あなたには、もっと大胆な政治を望みたいものです。市民目線などというケチな考えは捨ててください。国家百年とは言いませんが、せめて三十年くらいの経営を考えてほしいと思います。「強い経済、強い財政、強い社会保障」など本当にあなたはできると考えているのでしょうか。あなたができなくてもいいですから、30年後にはそのようになっているという希望をもたせる政治をしてもらいたいと思います。

 ついでに、事業仕分けなどこれ以上やめなさい。事業仕分けをしても、国家財政を救えるようなものは出てこなかったでしょう。蓮舫を行政刷新大臣にしましたが、せめて国家三十年の中計のために、科学技術、とくに基礎科学への予算はケチらないでください。事業仕分けをするのなら、まず自身の政党の襟を正してからにしてください。あの事業仕分けは確かにインパクトはありましたが、予算という意味ではあまり成果はなかったでしょう。もっとも、天下りを減らすという意味では効果がありましたが。イラ菅で結構ですから、宇宙人のようなことは言わないで、まっすぐにものを言ってほしいと思います。

イワウチワ(2010年6月5日、谷川岳・天神尾根) 今年の谷川岳はものすごく雪が多く、いつもなら咲き始めているハクサンイチゲ・ハクサンコザクラ、ホソバヒナウスユキソウはまだ雪の下か、あるいはつぼみの状態です。2週間ほど花の時期がずれそうです。

100605

 

| コメント (0)

2010年6月 2日 (水)

KY鳩山君が・・・

 民主党の鳩山君が、とうとう辞意を表明しました。2日午前に行われた両院議員総会で、辞任する意向を示したそうです。理由は、普天間問題とカネの二つを挙げていましたが、その前の発言で驚くべきことを言っていました。「(私の言うことに)国民が聞く耳を持たなくなった」との趣旨です。ちょっと待ってくれ、と言いたいですね。「聞く耳を持たない」とは何たる言い草ですか。情けないにもほどがあります。あなた(とあなたの党)の二枚舌、言行不一致が国民の信頼を失わせた第一の原因でしょう。誰かに言った「Trust me」、「最低でも県外」、「5月末」、「子供手当」、「高速無料化」などなど・・・。国民は耳を傾けたくても、それができなくなっているのです。それを招いたのは、鳩山君、あなた自身ですよ。

 そんなことは頬かむりして総理を続ければよかった。参院選挙が戦えないから、表紙を取り替えるのですか。あなたが一番嫌っていたことでしょう。空気が読めない宇宙人として、次の衆院選挙まで総理をやってもらいたかったですね。結局、あれだけ政権交代の期待を持たせておいて、民主党も自民党と同じですか。格好いいことを言っただけ、民主党のほうがみじめですね。

ウシハコベ(2010年5月15日、群馬県・水沢山麓) 子供のころ、飼っていた鶏にハコベを食べさせていました。どこにでも生えている雑草ですが、ウシハコベはウシのように大きなハコベと言うことらしいです。花が普通のハコベの3倍くらいあります。

100515

| コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »