« 小学校教科書改訂での国際単位系 | トップページ | 法律とかはもっと分かりやすい日本語に »

2010年4月 1日 (木)

新藤先生をお迎えしました

 3月30日のブログで、4月から3人の方をお迎えしますとお伝えしておいたのですが、あと一人は新藤静夫先生です。新藤先生はわが国における地下水の先達の一人であり、元地下水学会会長で、中国やアフリカの地下水にも詳しい方です。千葉大学の名誉教授でもあり、国や自治体のいろいろな委員も務められています。私は、先生が千葉大学の教授であったときからかわいがっていただき、時折先生の研究室前の廊下で焼き鳥や先生が三宅島から持ち帰ったクサヤの干物で酒を酌み交わしたことが懐かしく思い出されます。このたび縁あって、わが社の顧問を引き受けていただきました。

 新藤先生が入られるのを受けて、我が社のホームページを一新し、先生のコーナーを作る予定です。先生には、地下水に係る四方山話などを載せていただくようお願いするつもりです。ご期待下さい。

ネコノメソウ(2010年3月27日、群馬県甘楽町、天狗山) 昨日に続いてネコノメソウです。ネコノメソウはユキノシタ科の仲間で、ネコノメソウ属です。ハナネコノメと同じようなところに生えていますが、なぜか混生はしていません。

100327

« 小学校教科書改訂での国際単位系 | トップページ | 法律とかはもっと分かりやすい日本語に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小学校教科書改訂での国際単位系 | トップページ | 法律とかはもっと分かりやすい日本語に »