« 春ですねえ | トップページ | 新藤先生をお迎えしました »

2010年3月31日 (水)

小学校教科書改訂での国際単位系

 30日に、今年から小学校で使われる教科書の内容が発表されました。その中でちょっと気づいたことがあります。日本経済新聞(3月31日、東京、朝刊)の社会面に「国際単位系(SI)の規定に沿って、単位記号は斜体から立体に改められた。液体の体積を表すリットルは慣れ親しまれた「ℓ」から「L」に。」との記事が載っています。へえ~、と思いました。もしかしたら、今まで小学校では単位記号は斜体で教えていたのですか。われわれ技術を生業とする業界では、「量の記号は斜体、単位は立体」と、とうの昔から決まってました。たとえば質量の場合、W=35kgと書きます。もし、この記事が正しいとすれば、教科書はずいぶん遅れていた、と言うか、時代錯誤をしていたのですね。

 リットルの記号に関しては、SIの規定(実際にはSIと併用される非SI単位)では原則小文字の「l」ですが、数字の「1」と間違いやすいので「L」を使ってもよいとしています(1979年)。ℓは特殊文字で、パソコンでは文字化けしやすく、私たちは使わないようにしています。このブログを読む人も、もしかしたら文字化けしたものを読むことになるかもしれません。そのときはごめんなさい。

ハナネコノメ(2010年3月27日、群馬県甘楽町、天狗山) ハナネコノメは花の大きさ5mmほどの小さな草で、春に渓流に沿った湿った半日陰のところに育っています。仲間に、ネコノメソウ、ヨゴレネコノメなどがあり、似たようなところに生えています。

100327

« 春ですねえ | トップページ | 新藤先生をお迎えしました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春ですねえ | トップページ | 新藤先生をお迎えしました »