« 2010年 | トップページ | 金・金・金!! »

2010年1月13日 (水)

物語山

 群馬県の下仁田町の奥、有名な荒船山のやや下に「物語山」という、標高1019mとそれほど高くはないのですが魅力的な名前の山があります。高崎に引っ越してすぐその山を知ったのですが、登る機会がなかなかありませんでした。4月下旬から5月上旬にはアカヤシオ・ヒカゲツツジ・ミツバツツジなどが咲くそうです。西上州の山々は岩峰が多く、物語山もいくつかの岩峰からなっています。その岩峰のひとつにメンベ岩があります。その昔戦国時代、戦いに敗れた北条氏の武将が落ちのびてこの岩峰にたどり着き、絡まるフジヅルを伝って頂上に至り、財宝を隠したと伝えられています。財宝を隠した後はフジヅルを切り落とし、追っ手の追及を逃れた後腹掻き切って命を絶ったといわれます。

 と、言うような言い伝えがあるのですが、下の写真に示すように、とても登れるような岩峰ではなさそうです。もっとも、上の伝説には尾ひれがくっついていて、財宝目当てで岩峰に登ったものは、必ず転落するというそうです。

メンベ岩(2010年1月10日、群馬県・物語山) 途中の登山道から見たメンベ岩です。昔の武将は本当にこんな岩峰に登ったのでしょうかねえ。

Photo

« 2010年 | トップページ | 金・金・金!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2010年 | トップページ | 金・金・金!! »