« 金・金・金!! | トップページ | 小沢君がんばれ!? »

2010年1月21日 (木)

第四紀の始まりはいつ?

 我が家は高崎の郊外なので、新聞には夕刊がありません。我が家は毎日新聞を購読しているのですが、朝に総合版が来るだけです。今朝(1月21日)の新聞に気になる記事が載っていました。日本地質学会などが「第四紀の始まりを258万年前とする」としたということです。その昔、第四紀は180万年前からといわれていました。しかし、氷期や人類史などから258万年前が妥当ということのようです。ただし、世界的には国際地質科学連合(IUGS)が昨年の6月には第四紀の始まりは260万年前としていますので、半年ほどのずれがありますね。

 新聞記事では、258万年前に北米と南米がつながって海流が変化し、北半球全体で氷床が発達し寒冷化したとしています。その頃から氷河期が始まり、間氷期との繰り返しを経て今日に至っているというわけです。地質時代を扱っていると、何万年はおろか何億年というような言葉が簡単にでてきてしまいます。誇大妄想狂になりそうですね。それにしても、夕刊がないということは寂しいものです。

冬の支笏湖(1979年1月) 支笏湖は北海道の中では珍しい不凍湖です。氷が張っても湖岸に薄氷程度で、全面結氷することはありません。水深が深いので、対流しているからだといわれています。

7901

« 金・金・金!! | トップページ | 小沢君がんばれ!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金・金・金!! | トップページ | 小沢君がんばれ!? »