« 民主党にはもう飽き飽きです | トップページ | 今年もお世話になりました »

2009年12月22日 (火)

交通違反と違法献金

 どこかの党の幹事長(あえて民主党とは言いません)が、自分の事務所の違法献金について「みんな同じようにしているのに、なぜ我が事務所だけが手入れを受けるのか、不公平ではないか」との趣旨の発言を記者会見でしたとか・・・。私が北海道に暮らしていた頃(昭和48年から63年まで)、よくネズミ捕りにつかまりました。北海道は広いので、よほどでなければ旅行も出張も車での移動になります。稚内へ出張に行ったときなど、準平原のような丘陵上の道(国道です)を走っていると、対向車が来るのは5分に1台程度、こんなところに人が住んでいるのかしら、と思ったものです。昔は、札幌と苫小牧を結ぶ国道36号は弾丸道路といい、普通の国道でも制限時速が70kmであったそうです。今はそんなことはないでしょうが、それでも人っ子一人いない道が40kmであったりすると、つい60kmか70kmになってしまいました。

 そんな時、つかまる人の言葉は「みんな同じように飛ばしているのに、俺だけ捕まえるのは不公平ではないか」です。確かに一理あるように聞こえるのですが、では法に違反していないのでしょうか。幹事長も大政党を背負って立つ公人であれば、みっともないことは言わないものです。恥ずかしいですよ。

1974年12月7日(北海道・北見峠) 旭川から遠軽へ抜けるには標高1000m近い北見峠を越えなければなりませんでした。冬になると写真のようにすれ違うのも大変でしたね。冬は花の写真が乏しくなるので、昔の写真を載せるかもしれません。ごめんなさい。

741207

« 民主党にはもう飽き飽きです | トップページ | 今年もお世話になりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 民主党にはもう飽き飽きです | トップページ | 今年もお世話になりました »