« 科学技術に対する風当たり | トップページ | 日米は対等になれるか »

2009年11月27日 (金)

自民党伊吹氏の不見識

 日経新聞の小さな囲み記事に、自民党の元財務相である伊吹氏のコメントが載っていました。「(民主党が政権をとったので)民主党不況や鳩山不況になった。民主党に投票した人はその重みをしっかりと味わえ」との趣旨です。新聞記事ですから前後の発言がわからないので100%信じるわけにはいかないとは思いますが、信じられない無知さですね。あなた方があまりにもだめだから、国民は民主党を選んだのです。民主党が優れているから選んだのではありませんよ。あの時はどちらかを選択せざるを得なくて、国民は未知数ではあるが期待が持てそうな民主党を選んだだけです。「民主党に投票した人たちは、その重みをしっかり味わえ」といっても、民主党に投票せざるを得ないようにしたのは、あなた方ですよ。

 選挙にコテンパンに負けてもなお自覚していない人たちがいることは、わが国にとって悲劇でしょう。きちんと反省し、国民の声に真摯に向き合い、旧態依然の態度を全面的に改めない限り、自民党に浮かぶ瀬はないでしょう。先日、民主党の菅さんと自民党の石破氏の討論を放映していましたが、石破氏は正論を吐いていました。顔は悪い(失礼!)のに言論は良しですね。このような人がもっと自民党で重きをなしてくれば変わるかなあとは思いますが、自民党では期待するだけ無駄でしょうね・・・。

サザンカ(2009年11月23日) 山茶花と椿は同じ仲間ですが、椿は散るときに萼を残して花全部が一度に落ちますが、山茶花は萼も落ち、花びら一枚づつ散るそうです。よく見ると、確かに山茶花の木の下は花びらが散っています。椿は散り方が「首が落ちるがごとく」といわれ、不吉とも武士の見事な散り際とも言われています。

0911232

« 科学技術に対する風当たり | トップページ | 日米は対等になれるか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 科学技術に対する風当たり | トップページ | 日米は対等になれるか »