« やっぱり郵政のこと | トップページ | 天下りの定義 »

2009年11月 2日 (月)

中島みゆきの授章

 中島みゆきが紫綬褒章を受けるということです。そのむかし、ヤマハのポプコンで確かお下げの髪、ノーメイクで「時代」を歌ったのではないでしょうか。デビュー当時から北海道ではかなり目立った子で、北海道では「アザミ嬢のララバイ」がヒットしました。ずっと注目していて、「あぶな坂」、「怜子」、「店の名はライフ」、「傾斜」、「エレーン」、「やまねこ」、「北の国の習い」、「南三条」、「流星」、「泣かないでアマテラス」、「旅人のうた」、「命の別名」、「樹高千丈」、「とろ」などなど、好きな歌がたくさんあります。中島みゆきの歌は多くのジャンルに分かれると思います。「怜子」、「悪女」、「元気ですか」や一番好きな「南三条」に代表される「振られ女」のうたや、暗い人生そのものをうたった「エレーン」、「クレンジング・クリーム」、シリアスな題材の「吹雪」、「4.2.3」など、よくこれだけの優れた曲を枯れもせずに供給してきたものだと感心します。

 その彼女も57歳だそうです。年を重ねても「オールナイトニッポン」時代の感性は健在で、授章を「棚から本マグロ」とたとえました。いいですねえ・・・。これからも、いい曲をたくさん書いてください。

アカモミタケ(2005年11月3日、神奈川県・大山三峰山) 先月末に、榛名と赤城に挟まれた子持ち山に登ったとき、下山して何気なく沢のほとりを見ると、大きなモミの木がありました。直ちに私のキノコレーダーが反応し、アカモミタケを8本見つけました。うれしかったですねえ。翌日うどんに入れて食べました。

051103

« やっぱり郵政のこと | トップページ | 天下りの定義 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっぱり郵政のこと | トップページ | 天下りの定義 »