« 天下りの定義 | トップページ | 世界の人口 »

2009年11月12日 (木)

育ちがよい人の金銭感覚

 予算委員会やなにかで政治資金や資産のことを追及された鳩山首相は、「私は育ちがよいもので・・・・」てなことをのたもうたとか・・・。いいですねえ、育ちがよくて。育ちがよいから金銭感覚がないと認めたものでしょう。その金銭感覚がない人が、来年度予算を決め、国債発行額を決め、概算要求額95兆円からから3兆円を削ろうとしてるのですから、面白いものです。「国民の目線に立って政治を行いたい」と言ったとか・・・。政府の行政刷新会議が行っている事業仕分けでは、たった1時間の議論?で、ひとつの事業は200億円を廃止とされました。これでは、ろくに議論もされてないと怒る人もいるでしょうね。存続・廃止・削減を決めるのは多数決だそうです。民主主義は多数決が原則でしょうが、多数決の怖さはもうみんなが知っているのではないですかねえ。たった1時間の議論で、何億・何十億円の事業を廃止したり削減したりするのですから、傍から見れば乱暴この上ないように見えます。

 草薙君やかんぽの宿のときに、弟の鳩山君に幻滅を感じたものですが、やはりお兄さんもですかねえ。世の中、無駄なことから成り立ってるようなところもあるでしょう。必要な無駄というのもあるでしょう。そこらへんも考えて政治は行われるべきではないでしょうか。数だけではなく、心持ちも考えた政治をしてくれることを望みます。

長野・善光寺にて(2007年11月3日) 秋になると山では花が少なく、というよりはまったくなくなり、紅葉・黄葉の写真ばかりになってしまいます。ごめんなさい。

071103

« 天下りの定義 | トップページ | 世界の人口 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天下りの定義 | トップページ | 世界の人口 »