« 連立政権への心配 | トップページ | さよなら、PPM(2) »

2009年9月18日 (金)

さよなら、PPM

 PPMのマリーが亡くなりました。72歳だそうです。PPMのマリーといっても、若い人は知らない人がほとんどでしょう。ピーター・ポール&マリーというアメリカのフォークグループのマリー・トラバースという人です。ずいぶん前に紹介したボブ・ディランの曲である「風に吹かれて」、「花はどこへいった」や「パフ」、「500マイルも離れて」、「悲しみのジェット・プレイン」など、多くの名曲を残しました。私が大学生だった頃には、ジョーン・バエズ、キングストントリオ、ブラザースフォーなどとともにフォークブームが起きて、多くの学生がその歌声の虜になったものです。

 私も、一丁前にフォークギターなどをかき鳴らし、PPMのコピーを良くしていました。とくに、「くよくよするなよ(ドント・シンク・トワイス)」という曲のギターの奏法(スリー・フィンガー奏法といいます)が好きで、テープレコーダー(これも今では死語に近いですが)に録音し、回転数を落としてそのコードや指使いを盗んだものです。その後、友人からツー・フィンガー奏法を教わって、ツー・フィンガーに移行しましたが、あれを弾いていたのは、ピーターでしたポールでしたかよくわかりません。明日は、古いPPMの2枚組みアルバム(もちろんLPレコードです)を引っ張り出し、マリーの冥福を祈ることにします。

イワインチン(2007年9月16日、乾徳山) 9月も半ばを過ぎると、高い山では花はめっきり少なくなります。そんな中で岩場にしがみついて咲いているイワインチンやリンドウが貴重になってきます。

070916

« 連立政権への心配 | トップページ | さよなら、PPM(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 連立政権への心配 | トップページ | さよなら、PPM(2) »