« 八ツ場ダムのこと | トップページ | 山の恵みキノコ »

2009年9月29日 (火)

朝青龍のガッツポーズ

 9月27日の白鵬との優勝決定戦後、勝った朝青龍がガッツポーズをしたということでいろいろと意見が出ています。本割であっさりと負けた朝青龍は、優勝決定戦で立ち上がりから気迫のこもった相撲で優位に立ち、最後はすくい投げで白鵬を破りました。たまたまテレビを見ていましたが、見ていて力が入りました。朝青龍もよほどうれしかったのでしょう、立ち上がって思わずガッツポーズがでてしまいました。見ていても自然な姿で違和感はちっともありませんでした。あとでテレビのニュースでガッツポーズの事を聞いたとき、初めてガッツポーズをしたことに気がついたくらいです。

 横綱審議会でも意見は分かれたようです。委員長は容認しましたが、ある委員は「絶対に許せない」とか、またある委員は「相撲は神事である、同調はできない」と言ったとか・・・。でも、神事とはどの神様ですか?そんなことを言うのなら、外国人を相撲界に入れないことです。外国人に門戸を開いておいて、「スポーツと考えて欲しくない」は通らないでしょう。日本の伝統を重視しつつ、開かれたスポーツとして盛んになってもらいたいと思うのは私だけでしょうかね。もっとも、カラーふんどしなどは願い下げですが・・・。

白砂山方向から見た堂岩山の紅葉(2009年9月21日) 前回の紅葉を反対方向から見たものです。太陽が向かいにあるため、透過光となってより鮮やかな紅葉になりました。

090921

« 八ツ場ダムのこと | トップページ | 山の恵みキノコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 八ツ場ダムのこと | トップページ | 山の恵みキノコ »