« やはり選挙のこと | トップページ | さよなら、PPM »

2009年9月14日 (月)

連立政権への心配

 民主・社民・国民新党の連立が合意されました。民主党は、衆議院選挙で圧倒的な議席を確保しましたが、参議院では単独過半数とはいかず、連立となったようです。しかし、次期参議院選挙で民主党が勝利することは確実とマスコミでも報道されており、参議院で民主党が過半数を取れば、連立はご破算となる可能性が高いそうです。それでも、社民・国民新党は連立したいですかねえ。両党に言わせれば連立を持ちかけてきたのは民主党というでしょうが、私から見れば参議院選挙までに実が欲しくて連立に乗っかったとしか思えません。

 両党からは大臣を出すそうですが、国民新党の総務相は分かりますが、社民党の環境相は何でしょうか。当初は社民党らしく雇用関係のポストと言っていたものが、どうも実になりそうもないので、環境相になったようです。でも、福島さん、大丈夫ですかねえ。鳩山さんは2020年までに温室効果ガス削減25%を打ち出しました。その実現は環境省・経済産業省・国土交通省など多くの省庁の利害が絡んでいます。福島さんにその調整ができますか?それも参議院選挙までに。私は心配性なのでしょうか?

ヤナギラン(2009年8月29日、志賀高原) ヤナギランはパイロット植物だそうです。高原の荒地に最初に根を下ろし、そのうちニッコウキスゲやアザミに生域を奪われていくのでしょう。シラカバも同じ運命ということです。

090829

« やはり選挙のこと | トップページ | さよなら、PPM »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やはり選挙のこと | トップページ | さよなら、PPM »