« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月26日 (水)

本「地下水の科学」のこと

 講談社のブルーバックスとして、今年の5月に表記の本(副題は「見えない巨大水脈」となっています)が出版されました。日本地下水学会と井田徹治さんとの共著になっていますが、纏め上げたのは井田さんで、日本地下水学会はそのメンバーが話題・資料提供や校正をしたのでしょう。ブルーバックスですから、専門家ではない人でも読むことができるような本として出版されました。なかなか良くできていて、多少分かりにくい専門用語も入ってはいるのですが、地下水に関する問題点や今後の課題などがよくわかります。とくに、利用できる淡水の量は少なく、そのうちで地下水が占める割合が最も多いとか、地下水は循環資源ではなく、持続性のない資源がほとんどであるとか、世界では地下水に頼る人たちが極めて多いとか、多くの課題について分かりやすく書いてあります。

 地下水汚染についてもかなりの割合で書かれていて、映画「シビル・アクション」や「エリン・ブロコビッチ」のことも取り上げていました。うれしくなります。この本の本当に言いたいことは、「地下水は誰のものか」ということかと思います。利用できる資源としてわれわれが地下水を使い続けるには、個人も国も自治体も企業もそれなりに努力しないと、この地下水を守ることはできないと言うことでしょう。一読をお勧めします。

コウリンカ(2009年8月22日、榛名山・沼ヶ原) 榛名山の沼ヶ原は、名前とは裏腹に沼ではなく、乾燥化が進んだ小さな草原です。ここには、「ユウスゲの道」と名づけられた遊歩道があり、今の時期マツムシソウ・コウリンカ・オミナエシ・ワレモコウなどが咲いています。

090822

| コメント (0)

2009年8月24日 (月)

選挙まで1週間

 8月30日の衆議院選挙まで1週間となりました。私は高崎に引っ越して初めての選挙になります。先日、最寄の駅に元首相の対抗馬として出た民主党のうら若き女性が、慎ましやかに声を上げていました。親子で首相を務め、群馬では圧倒的な人気を誇っていた元首相も、危機感を持って地元入りしているそうです。我が選挙区は3人が立候補していて、あとの一人は新興宗教?がらみの人です。さて、どの人に投票すればいいのでしょうか、迷いますね。

 報道では民主党が圧倒的に優勢で、300議席を超える勢いとのこと。先回の衆議院選挙では自民党が圧倒的でした。おかげで参議院とのねじれ現象が生じたわけです。今度の衆議院選挙で民主党が勝利すれば、このねじれは解消されることになりますが、さて国の運営はうまくいくのでしょうか。それにしても、国民は気まぐれなものだとつくづく思います。4年前は、小泉さんの郵政選挙で、雪崩を打って自民党へ、今度は政権交代をうたい文句に民主党へですから。もとをただせば、自民党が参議院選挙のボロ負けの反省に立たずに、衆院での安定多数の議員数に胡坐をかいていたことではないでしょうか。反省だけならサルでもできるでしょうが、反省しない自民党ではサルにも劣ると言われそうですね。

レンゲショウマ(2009年8月22日、榛名・相馬山) 榛名山は、標高こそ1400mほどと低いのですが、野山の花は数多く花の名山と言ってもいいでしょう。相馬山(1411m)は榛名で2番目に高い峰で、外輪から相馬山に登るあたりにレンゲショウマが群生しています。薄暗い樹林の中で見事な美しさを感じます。

090822

| コメント (0)

2009年8月18日 (火)

ボブ・ディランのこと

 ボブ・ディランがアメリカで若い警官から職務質問を受けた、という小さな囲み記事が新聞に載っていました。警官は二十代で、ボブ・ディランのことはまったく知らず、不審に思ってコンサート会場まで一緒に行ったとか・・・。ボブ・ディランももう68歳だそうです。私自身のことを棚に上げて言うわけではないですが、もうそんな歳なのですね。「風に吹かれて」、「時代は変わる」、「戦争の親玉」などなど、数え上げればきりがありません。前の二つの曲は、PPM(ピータ・ポール&マリー)も取り上げて大ヒットとなりました。1970年前後の大学闘争と重なって、日本でも和訳されて歌われました。森山良子・高石友也や岡林信康がカバーしていました。

 その頃のボブ・ディランは特徴のあるしわがれ声で歌っていましたが、あるとき、「ナッシュビル・スカイライン」というアルバムを出し、その声を聞いた時は仰天したものです。ボブ・ディランが透き通るような声で歌っていたのです。この声が本当のようで、今までのしわがれ声は作っていたそうです。このアルバムでは、ジョニー・キャッシュとのデュエットも入っていました。二人の声が合わなくて、さすが大物どおしと笑ったものです。岡林信康はこのアルバムに大きな影響を受け、今までの暗い「山谷ブルース」、「「流れ者」、「友よ」などからフォークロックへと舵を切ったきっかけとなりました。でも、その頃のジョーン・バエズ、リンダ・ハミルトンやバフィ・セントメリーたちはどうしているのでしょうかね・・・。

ヒメシャジン(2009年8月15日、谷川岳・西黒尾根) 谷川岳の花が3回続きます。谷川岳の西黒尾根は関東周辺では最大の高山植物の宝庫で、種類の多さは類を見ません。標高たかが1600~1900m程度で、あれだけ花が多いのですから、大切に保存したいものです。

090815

| コメント (0)

2009年8月14日 (金)

ETCをつけました

 今週は、月曜日に休んで鎌倉のお寺の施餓鬼に行き、火曜日から昨日(木曜日)まで北陸方面に出張していましたので、ブログの更新が遅くなりました。月曜日は高崎から高速に乗り、練馬から外環で美女木、首都高速中環と湾岸で釜利谷、横横で朝比奈まで、たっぷりと利用しました。これを機会に先週の土曜日にイエローハットに行きETCを装着したのですが、月曜日は残念ながら高速の1000円割引にはなっていませんので、多少安くなった程度でした。私は普段高速を使うことはほとんどありません。今後も利用するのは鎌倉のお寺へ墓参りに行く時か、茨城に住む姉のところに行くときぐらいしかないでしょう。つまり、多く見積もっても年10回程度しか高速を使わないと言うことです。イエローハットでETCをつけるのにかかった費用は約2万円でした。果たしてこの元を取るのにどのくらいかかりますかねえ。

 民主党は2年後くらいに高速道路を無料にすると言っているようですが、首都高速は除外すると言うことです。今の割引制度は来年の4月までの限定だそうですから、どちらにしても私は元をとることはできそうもありませんね。

ハクサンコザクラ(2008年8月9日、谷川岳) ハクサンコザクラは雪解けとともに咲く花で、普通のところでは6月には咲いてしまいます。谷川岳の通称”肩の雪渓”は遅いときは7月末まで雪が残ります。そのために肩の雪渓あと上部では8月になってもハクサンコザクラ、イワイチョウや珍しいオゼソウが咲いていることがあります。

080809

| コメント (0)

2009年8月 4日 (火)

高速道路通行料

 民主党が選挙公約で高速道路の無料化を打ち出しています。この4月から土・日・祝日はどこまで乗っても1000円になってはいるのですが、無料化を打ち出すのは驚きです。たしかに、高速道路通行料は高いと思います。ちょっと出かければ往復で1万円くらいは簡単にかかっていたのですから。今の値引きは、ETC搭載車に限られています。私の車にはETCがありませんので、この恩恵にあずかることはできません。ですから、完全無料化になれば、個人的にはありがたいことです。民主党は無料化すれば流通が良くなり、経済が活性化すると言っています。でも、その反動で公共交通機関の乗客は減り、フェリーは廃業に追い込まれ、高速道路は渋滞がひどくなり、CO2排出量が増えるということになりかねないのではないでしょうか。また、無料化の財源は当然税金でしょうから、それも心配です。

 今、私の車にETCを取り付けるかどうか迷っています。民主党が政権をとり、高速道路が無料になれば不必要になるでしょう。群馬県に住んでいると、高速道路を利用することはめったにありません。どうしましょうかねえ・・・。

タカネコンギク(2007年8月4日、谷川岳) 8月になると山は秋の気配が感じられます。谷川岳にも、クルマユリ・ヒメシャジンやイワオウギなどが咲き始めます。もう少しするとマツムシソウも咲き始めるでしょう。

070804

| コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »