« コダクロームが無くなりました | トップページ | 中高年の山岳遭難 »

2009年7月 1日 (水)

知事の職務放棄に宮崎県民は何を考えるのでしょう

 自民党が東国原宮崎県知事に対し、次期衆議院選に立候補を促し、知事が「総裁候補とするのなら」と言ったという記事が先日の新聞をにぎわしていました。今日(7月1日)の新聞には、知事は国政参加に積極的で、自民党は東京選挙区の比例第1位とし、当選後は大臣の椅子を用意することを検討する、と出ていました。知事が言う、「地方では限界がある」は分かります。でも、そんなことは知事になる前に分かっていたのではないですか、あなたはずいぶんと政治を勉強されたようですから。それでもなお、宮崎県のために働きたいというからこそ、宮崎県民はあなたを選んだのでしょう。それとも、知事としてやるべきことは全部やって、もうすることは何もないとでも言うのでしょうか。本当に立候補するかどうかは分かりませんが、まだ1期目の任期途中で知事の職務を放り出し、恥も外聞も無く誘惑している自民党から立候補するなど、普通であれば宮崎県民は許さないと思いますがね。

 大阪府の橋下知事は、「私は集団行動に向かない」と、自民党を振ったそうです。東国原知事も、自民党で衆議院議員として行動するという集団行動は向かないと思いますがねえ。そもそも、タレントと称する人たちは集団行動に向かないからタレント(こんな職業があるかどうかは別)になったのでしょう。東国原知事も知事の職務を放り出して、国会議員になったら絶対と言っていいほど埋没してしまうでしょう。違いますか、そのまんま東さん・・・。

クロマメノキ(2009年6月27日、草津・白根山) 草津白根山は活火山で、現在も噴気を上げています。とくに、湯釜という火口湖の南側は、遠くからみると草も生えていない荒涼とした斜面に見えるのですが、いたるところにクロマメノキやミネヤナギが生えています。これらは、荒地に最初に生えるパイロット植物と呼ばれているそうです。

090627

« コダクロームが無くなりました | トップページ | 中高年の山岳遭難 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コダクロームが無くなりました | トップページ | 中高年の山岳遭難 »