« 山の避難小屋 | トップページ | 高速道路通行料 »

2009年7月30日 (木)

働く老人

 麻生君が仙台市で行った講演の中で、「老人は働くしか能が無い」と言って物議をかもしました。曰く、「老人いじめだ」、曰く、「差別だ」など、など。今の時代、老人がいくつ以上の人をさすのかは定かでありませんが、私は今月61歳になりました。昔の感覚で言えば間違いなく老人でしょう。麻生君に言われなくても「働くしか能が無い」ことは間違いありませんね。団塊の世代は、若かりし頃はいろいろありましたが、社会に出てからは他の人に負けまいとして、無我夢中に働いてきました。その世代は「働くしか能が無い」のは間違いなく、私は働くこと、働けることに誇りを持っています。そうなのです、私は「働くしか能が無い」人間なのです。老人よ働くことに誇りを持とう!

 今度のこと、麻生君の発言は、失言ではないと思いますよ。麻生君、発言取り消しなどしないで下さい。でも麻生君、そう言うのなら老人がもっと働きやすい社会を作ろうではありませんか・・・!!

ミヤマホツツジ(2009年7月26日、四阿山) 四阿山は深田久弥の日本100名山の一つです。おかげで、登山者が列を成すようになりました。私が登ったときも、20人以上の団体さんに3組も会いました。

090726

« 山の避難小屋 | トップページ | 高速道路通行料 »

コメント

麻生さんの発言は、日本青年会議所主催の会合で
「元気な高齢者をいかに使うか。この人たちは皆さんと違って、働くこと しか才能がないと思ってください。働くことに、絶対の能力がある。80歳過ぎて遊び を覚えても遅い。働ける才能をもっと使い、その人たちが働けば、その人たちは納税者 になる」です。

青年会議所主催であることや、”働くことに、絶対の能力がある。”など美徳ともとれる部はマスコミはカットして、視聴者も気にしないのが現状です。
我々は、きちんと自分で調べないといけないですね。

以前の「株屋は信用できない」「たらたら飲んで、食べて、何もしない人の分の金を何で私が払うんだ」
のマスコミ報道も同様の言葉狩り報道です。

どうせなら「日本列島は日本人だけの所有物じゃない」とか「教育の政治的中立などあり得ない」発言の方がもっと衝撃的だと思いますが、テレビでは報道されない!

投稿: 椿 四十郎 | 2009年7月31日 (金) 08時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山の避難小屋 | トップページ | 高速道路通行料 »