« 再再度定額給付金のこと | トップページ | 火星のメタンガス »

2009年1月13日 (火)

鳩山総務相の誤解

 前回、定額給付金のことで麻生総理がおかしいのではないかと書きましたが、今度は鳩山総務相がおかしくなりました。総務相は定額給付金への支持が少ないことに「誤解がある。2兆円あればほかのことに使うべきだという声があるが、それはもうやっている。所得制限の話が出たことで問題が大きくなったのだ」と言ったとか・・。誤解しているのはあなたでしょう!なんと言おうと、一時的なばら撒きに他ならないでしょう。総務相がそう言うのなら、毎年2兆円を経済が回復するまで、予算化したらいかがですか。たった一回、2兆円を浅く広くばら撒いたって経済が良くなるわけないではないですか。この不況はそれほどに深刻と思いますが、違いますか?

 個々人に浅く広くばら撒くよりも、経済活性化のためならば減税が一番でしょう。思い切って5年程度の2兆円減税をしてみたらどうですか。持続性のある施策をしない限り、経済立て直しは困難と思います。それと、他の施策はもうやっているというのなら、何をどの程度やったのか、きちんと説明してください。雇用対策はやったのですか、過疎対策は、法人税減税は、省庁統合と無駄使い対策は、かんぽの宿の売却は・・・。あなたは総務相でしょう、内治に責任ある人として説明してもらいたいものです。

ホトケノザ(2009年1月12日、家の裏の畑で) 今朝は窓ガラスの露が凍っていました。でも、日当たりの良いところには、春は着実に近づいています。

090112

« 再再度定額給付金のこと | トップページ | 火星のメタンガス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 再再度定額給付金のこと | トップページ | 火星のメタンガス »