« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月26日 (月)

尾瀬の鹿を捕獲へ

 環境省は、尾瀬で鹿を捕獲することを認めるそうです。かつて、尾瀬には鹿はいなかったのですが、1995年頃から現れはじめ、現在は300頭に達しているということです。鹿が増えると、柔らかな木の幹や、草を食べてしまい、いわゆる食害が進行します。尾瀬ではニッコウキスゲなどが食べられているそうです。鹿は昔は標高の低いところにいたのですが、次第に人に追われ、住むところを狭められ、山に逃げるしかなくなったのでしょう。

 神奈川県の丹沢山地もそうで、昔は山の頂上などで見かけることはなかったのですが、今ではいたるところで見かけます。また、木の幹をかじった跡なども多く見受けられます。鹿は丹沢山地全体を移動するそうで、鹿の移動に伴って、かつては東丹沢にしかいなかったヤマヒルが西丹沢にまで生息域を広げています。結局、人が鹿の生活場所を奪い、それに伴って他の動物・植物にも影響が出てしまいます。人と動物の共存などということは、無理なことなのではないでしょうか。でも、捕獲した鹿はどうするのでしょうか。

丹沢山地の鹿(2006年4月30日) 北丹沢・姫次付近で見たで鹿の親子。群れで移動していました。

060430

| コメント (1)

2009年1月19日 (月)

火星のメタンガス

 NASAの発表によると、火星で水蒸気と一緒にメタンガスが発見されたそうです。ハワイの望遠鏡で赤外線分光器を使い見出したもので、総量は1万9千tに及ぶとか。メタンは太陽系にはとくに土星より外側の惑星などでかなりの量があることが分かっています。土星の衛星であるタイタンでは、メタンの海があるのではといわれているくらいです。火星のメタンはそのメタンとどこが違うのかはよくわかりませんが、火星のメタンは有機物の分解で生じた可能性も指摘されているようです。本当に有機物からの分解であれば、ことによると石油や石炭があるのでしょうか。本当かいな、とは思いますが楽しい夢ですね。

 私どものように土壌・地下水汚染の仕事をしていますと、ガソリンスタンドの土壌ガス調査でメタンガスが検出されるケースが多々あります。漏れた油が嫌気性バクテリアによって分解し、メタンガスになったものと推定しています。メタンガスは濃度が3~15%で引火すると爆発するのですが、高い濃度のところでは60%以上の濃度で検出されたことがあります。このようなところでは、その高濃度のメタンガスが大気に触れて希釈される過程で爆発限界を通過するわけですから、調査するときも緊張します。同業者の皆さんも、油の調査をするときは気をつけてください。

紅梅(2009年1月12日) ここのところ寒い日が続いてはいるのですが、家の中においてある植木鉢の紅梅が咲き始めて、今(1月19日)では、満開になりました。外は冬でも家の中は春の気分です。

090112

| コメント (0)

2009年1月13日 (火)

鳩山総務相の誤解

 前回、定額給付金のことで麻生総理がおかしいのではないかと書きましたが、今度は鳩山総務相がおかしくなりました。総務相は定額給付金への支持が少ないことに「誤解がある。2兆円あればほかのことに使うべきだという声があるが、それはもうやっている。所得制限の話が出たことで問題が大きくなったのだ」と言ったとか・・。誤解しているのはあなたでしょう!なんと言おうと、一時的なばら撒きに他ならないでしょう。総務相がそう言うのなら、毎年2兆円を経済が回復するまで、予算化したらいかがですか。たった一回、2兆円を浅く広くばら撒いたって経済が良くなるわけないではないですか。この不況はそれほどに深刻と思いますが、違いますか?

 個々人に浅く広くばら撒くよりも、経済活性化のためならば減税が一番でしょう。思い切って5年程度の2兆円減税をしてみたらどうですか。持続性のある施策をしない限り、経済立て直しは困難と思います。それと、他の施策はもうやっているというのなら、何をどの程度やったのか、きちんと説明してください。雇用対策はやったのですか、過疎対策は、法人税減税は、省庁統合と無駄使い対策は、かんぽの宿の売却は・・・。あなたは総務相でしょう、内治に責任ある人として説明してもらいたいものです。

ホトケノザ(2009年1月12日、家の裏の畑で) 今朝は窓ガラスの露が凍っていました。でも、日当たりの良いところには、春は着実に近づいています。

090112

| コメント (0)

2009年1月 9日 (金)

再再度定額給付金のこと

 しばらくぶりに腹が立ちました。2兆円の定額給付金のことです。もう言いたくはなかったのですが、麻生総理の一言でまた言いたくなりました。総理は「金持ちでもらうなど、さもしいことだ。私はもらいません」などと言っておきながら、今度は「もらうかもらわないかそのとき判断する」に変わりました。なにが消費拡大だ、なにが生活補助だ。言い方にも腹が立ちますが、あれほどもらう人のことを「さもしい」などと発言したのがうそのように「金持ちにも受け取ってもらって盛大に消費してもらう」に、ころっと変わったことに余計腹が立ちました。一人ひとりに薄くばらまくよりも、今の雇用情勢を考えて緊急の雇用創出などにつかえないものですかね。

 以前給付金について書いたとき、そんなものよりも法人税を下げるべきと言ったのですが、2兆円あればいろいろなことにつかえるでしょう。法人税といえば、わが社に法人税の予納の通知がありました。昨年の決算後に支払った法人税に相当する額の半分をあらかじめ収めろというものです。今年度も同じように利益を上げるという前提で予納制度があるようです。でも、今のところ昨年度のような利益を上げられる見込みはまったくありません。お金がないときに多額の法人税を予納しなければならないのは、どう見ても企業いじめにしか思えませんが。法人税率を下げろー。予納制度を廃止しろー。零細企業をいじめるなー。

オオジシバリ(2007年3月4日) このごろずっと白い山の写真ばかりで、花の写真が見たいという要望がありました。まだ、花には早い季節ですので、少々古い写真を載せます。

070304

| コメント (0)

2009年1月 5日 (月)

商品の騰落率

 1月3日の日経新聞に、2008年主要商品の騰落率ランキングが載っていました。2007年末と2008年末の比較で、最も値段が上がったのがフェロクロム(鉄とクロムの合金)で87%の上昇です。最も下がったのはロジウム(主に触媒に使われる金属)で85%の下落でした。このランク表で高騰ランキング5位にアスファルト(50%)が入っています。アスファルトは石油から作られるものですが、面白いことに下落ランキングの2位にベンゼン(70%)、3位にナフサ(67%)が入っています。原油も52%下落しています。もちろん商品の値段ですから、原料の値段だけでは決まらないでしょうが、何か釈然としないものを感じます。

 大手コンビニはプライベートブランドを大幅に増やすそうです。近くのスーパーやホームセンターでは、生活応援として「値下げ○○品目!」などの看板が目に付きます。ホームセンターで値段を見ると、例えばプライベートブランドの芳香剤や入浴剤などは有名メーカーの1/3くらいの値段がついています。中身は中国製かなあなどと考えてしまいますが、中国製がすべて悪いわけではなし、効能が同じで安全であれば安いほうを買いますよね。

家の近所から見た浅間山(2009年1月3日) 噴煙がやや多くなっています。りりしい山です。下の電柱は信越線のもの。

090103

 

| コメント (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »