« 裁判員制度 | トップページ | 小幡武家屋敷 »

2008年12月22日 (月)

働くこと

 先日ある新聞の読書欄に、若い人から働くということに意見が寄せられていました。ただ機械的に言われたことをするということではなく、自分の意思・判断で働くことのすばらしさを述べていました。アルバイトでも、ある程度自分の意思で判断しながら働くことが許された職場のようで、今までの言われたとおりのことをするということとは大きな違いがあることを実感されていました。まだこのような若者がいるのですね。読んでいてうれしくなりました。この若者であれば、自分が働きたい分野の職場に就職できるでしょう。

 世の中の1/3が派遣労働者のようです。もちろんすべての派遣労働者が望んでなったわけではないでしょうが、学生時代から定職に着くことを嫌ってアルバイトあるいは派遣になった若者が多いことも事実でしょう。この一部の若者に、上の若者のつめの垢でもせんじて飲ませてみたいです。暴論かなあ・・・。

足柄峠から望む富士山(2007年12月24日) これだけ富士山を間近に望めるところもなかなかないのですが、ここ足柄峠は絶好の富士山撮影ポイントです。

071224

« 裁判員制度 | トップページ | 小幡武家屋敷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 裁判員制度 | トップページ | 小幡武家屋敷 »