« 高崎のぐるりん | トップページ | 裁判員制度 »

2008年12月 9日 (火)

内定取り消しのこと

 大手不動産会社が、53人もの来年度採用内定者の内定を取り消しました。内定は雇用契約が成立したということで、企業は勝手に内定を取り消せないそうですが、内定者は勝手に取り消せるそうです。その不動産会社は10月時点では予定通り採用としていたものを、11月に内定取り消しとしました。取り消した人には迷惑料として補償金100万円を支払うそうです。さすが大手企業ですね。しかし、取り消された人はこれからもう一度就職活動をしなければならず、無事就職できる人は何人いるのでしょうか。他人事ながら少々心配になります。

 わが社はこの夏に中途採用の募集をして、4人に内定を出しましたが、すべて断られました。ひどいのは採用予定日の1ヶ月以内になって、心配なのでこちらから連絡したらやめますという人もいました。若い人たちは内定をもらっても何の束縛もないと考えているようですが、私たちのような零細企業はそれほど人を選べるわけではないし、何十人も雇えるわけでもありません。内定を断るのは早めにしてもらいたいものです。でも、おかげさまで来年の四月には新卒が一人入ることになっています。ある日突然断ってこないことを願っています。

2007年12月9日 箱根・芦ノ湖から見た富士山です。このような富士山はもう見ることはないかもしれませんが、やはり富士山はすばらしい山であると思っています。

071209

« 高崎のぐるりん | トップページ | 裁判員制度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高崎のぐるりん | トップページ | 裁判員制度 »