« メラミン粉ミルクと砒素粉ミルク | トップページ | 2008年土壌環境展 »

2008年10月 1日 (水)

小泉元首相のこと

 先週北海道に行っていて世の中のことに疎くなり、小泉元首相が引退するというのも次の日のホテルのテレビで知りました。そのニュースのなかで、小泉元首相が所属していた派閥の長であった森これも元首相が、「小泉元首相の功罪では功はないのでは」などと話していました。本当に功はないのでしょうか。森さんが首相であったとき、誰が政治に夢中になりましたか。一時とはいえ、政治に国民の目を向けさせたのは小泉元首相の功績でしょう。

 それと忘れてはいけないのが、金融機関の不良債権処理を竹中さんと共に推し進めたことです。ここ数日の、アメリカの保険会社の破綻や株の暴落など、世界経済は大混乱に陥っています。それでも日本の金融機関が破綻したアメリカの会社を買い取るなどのことができるのは、あの時不良債権処理を行ったおかげでしょう。でなければ、日本の金融機関もサブプライムローン問題での大きな被害は免れなかったのではないでしょうか。道路公団の改革なども大きな功績と私は思っています。と、小泉元首相を擁護したのですが、最後に「後継者として次男をよろしく」といったのには、幻滅でした。あ~あ、小泉よ、おまえもか・・・。

ヤマラッキョウ(2007年10月7日、箱根・明神ヶ岳) 箱根の山は秋の花の宝庫です。とくに外輪山である明神ヶ岳から明星ヶ岳にかけては、それこそ花・花・花で、ヤマラッキョウのほかにもマツムシソウ・ワレモコウ・リンドウ・ウメバチソウ・ハンゴンソウ・サラシナショウマ・センブリ・タムラソウ・フジアザミなどきりがないくらいです。

071007

« メラミン粉ミルクと砒素粉ミルク | トップページ | 2008年土壌環境展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メラミン粉ミルクと砒素粉ミルク | トップページ | 2008年土壌環境展 »