« 坊や大きくならないで | トップページ | 基準てなんだろう »

2008年9月 8日 (月)

若き後継者たち

 先週、富士山の麓、朝霧高原にある富士教育訓練センターで行われた土壌・地下水汚染に関する地質調査の研修会に行っていたため、ブログの更新が1週間ぶりになってしまいました。この研修は毎年秋口に行われているもので、土壌・地下水汚染に関しての法律、汚染調査の基本、フェーズ1調査などを学ぶもので、月曜から金曜まで、朝から晩まで缶詰です。土壌汚染対策法の内容や法に基づく調査の進め方、アメリカASTMのフェーズ1調査や、訓練施設を利用した汚染のおそれの把握の実習、ボーリングマシンや表層土壌採取・土壌ガス調査・地下水サンプリングなどの実習など盛りだくさんの研修で、多分わが国では他にはないものと思います。私は法に基づく調査・フィールド実習を受け持ちました。(問い合わせ先:協同組合 地盤環境技術研究センター、http://www.getrec.or.jp/

 研修には20名の若者(まれにお年を召した方もいらっしゃいましたが)が参加し、それこそ会社を代表して講義を受けていました。実に熱心で質問も多く、我が業界の若者はなかなかなものと、密かに一人悦に入っています。毎年、研修が修了してしばらくすると、何人かの方から土壌・地下水汚染に関する相談がきます。それも、うれしいことです。まだまだ若いものには負けないぞと思うこの頃です。

マツムシソウ(2008年9月3日、朝霧高原) 朝霧高原は標高900mほどで、大変涼しく、マツムシソウやワレモコウ、ツリガネニンジン、タチフウロ、ハンゴンソウなど高原の花が多く咲いています。

26

« 坊や大きくならないで | トップページ | 基準てなんだろう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 坊や大きくならないで | トップページ | 基準てなんだろう »