« 柔道のこと | トップページ | メタンハイドレート(2) »

2008年8月19日 (火)

群馬の雷

 高崎に越して3ヶ月近くになります。上州は昔から、空っ風・かかあ殿下・雷が有名でしたが、本当に雷はすごいものです。遠くから遠雷が聞こえるとまもなく、すさまじい稲光と音が頭上から降ってきます。家の中にいればまだ、「玉屋~・・・」などと言っていられるのですが、外で雷にあったら怖いこと。雨の降り方も半端ではなく、バケツどころか風呂桶をひっくり返したような降り方です。我が家の庭はあっという間にプール状となり、前の道路へと水が奔流(少々オーバーか)となって流れ出します。道路からは下水へと流れているようですので、大きく水がたまることはないのですが、下水に支障が出たら我が家は高台にあるにもかかわらず床下浸水ぐらいにはなりそうです。

 このごろ、雨に関しては毎日のように記録的豪雨とか大雨・洪水警報とかの言葉がそれこそ氾濫しています。東京や神奈川県でも雨の降り方は昔よりも激しくなっているように感じます。これも温暖化に結びつけるのは短絡的でしょうが、なにやら怖い気がします。

キオン(2008年8月9日、谷川岳、肩の広場から西を望む) キオンが咲き始めると山はもう秋の雰囲気です。これからはリンドウやマツムシソウが咲き出します。

080809

« 柔道のこと | トップページ | メタンハイドレート(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 柔道のこと | トップページ | メタンハイドレート(2) »