« ナイフのすばらしさ | トップページ | 再び豊洲の汚染について »

2008年6月20日 (金)

グリーンピースメンバー逮捕

 以前にもグリーンピースが運送会社の倉庫から鯨肉の箱を盗んだことを非難する文章を書きましたが、そのメンバーが2人青森県警に逮捕されたということです。当然でしょう。自然保護などという、なんかカッコよさそうなことをしていると、そのためならなんでも許されるような錯覚を起こしていしまうのでしょうか。古い話ですが、ある自然保護団体が、その団体で作っているものを、常日頃攻撃している会社に寄付の名目で売りつけに行ったことがあります。売りつけたものは、それは私の目から見てもすばらしいものでしたが、人の弱みに付け込むような押し売りまがいの寄付強要は、許されるものではありません。その事実を知ってから、私は自然保護団体というものが嫌いになりました。

 私自身も、以前地下水調査に携わっていたとき、そのデータがインチキであると地下水を保護するという団体に名指しで非難(なんとある駅前のたて看板に載った)されたことがあります。その前に、その団体の代表者(女性)が私のところに説明を求めにきて、懇切丁寧に説明した結果、納得して帰ったにもかかわらずです。

 確かに自然保護団体なるものは崇高な理念は掲げているでしょう。しかし、その理念のためなら何でも許されると思うのは、これは傲慢でしかないことを肝に銘ずるべきでしょう。

ミネズオウ(2007年6月16日、蔵王・熊野岳) 山形県の蔵王スキー場から熊野岳を目指して登ると、山頂間近の火山砂礫の斜面に咲いています。背が低くて小さな花なのですが、これでも立派な木で、ツツジの仲間です。

070616

« ナイフのすばらしさ | トップページ | 再び豊洲の汚染について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナイフのすばらしさ | トップページ | 再び豊洲の汚染について »