« ガソリン暫定税率の復活 | トップページ | 豊洲の調査結果について »

2008年5月 5日 (月)

年金請求書が来ました

 突然、社会保険業務センターというところから「年金請求書」という書類が来ました。「あなたは60歳になりますので年金の手続きをしてください」とのことです。「ただし、年金請求書の受付は60歳になってからです」というビラも入っていました。でも、私が受け取れるのは65歳になってからではないのですか?どうも「特別支給の老齢厚生年金」ということのようですが、良く分かりません。私は、まだ現役で働いています。当然、まだ年金を頂くつもりはありません。このような場合はどのようにすればよいのかということはどこにも書いてありません。ほおって置けばよいのか、それとも何かすべきなのか、連休が明けたら社会保険庁に聞いてみるつもりです。

 後期高齢者医療制度もそうでしたが、社会保険庁というところは説明するということができない役所のようですね。ご丁寧に「年金請求書」を送ってくれたのは、「年金をくれてやる」という発想でしょう。書類を送るのなら、ただ送るだけではなく説明をきちんとするべきでしょう。知らせるということと、説明するということは別の次元ですよ、舛添さん。

ナツトウダイ(2008年4月29日、箱根・湯坂路) 4月から5月にかけて、野山には、ノウルシやナツトウダイが群落となって咲きます。地味な花ですが、よく見ると面白い形をしています。

080429

« ガソリン暫定税率の復活 | トップページ | 豊洲の調査結果について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガソリン暫定税率の復活 | トップページ | 豊洲の調査結果について »