« 後期高齢者医療制度 | トップページ | イラク航空自衛隊派遣違憲判断に感じたこと »

2008年4月13日 (日)

高校入学金未払いの始末

 千葉県の公立高校で、入学金を払わなかった生徒の入学式出席を止めたという。それに対し、教職員組合は教育的配慮が足りないと批判しています。どうしてですか?義務教育ではあるまいし、入学金を払わなければ入学できないのは当たり前でしょう。たとえば、大学で入学金を払わなかったら入学できますか?事前に、「経済的なことがあるのなら申し出てください」とも周知しているわけですから、払えなければ申し出ればよかったのです。子どもよりも、その親の気持ちが知りたいですね。

 高校ともなると、もう社会人への入り口に立ったと自覚すべきでしょう。社会にはルールというものがあります。もっとも、いいルールと悪いルールがありますが。たとえどのようなルールでも、ルールを破るにはそれなりの覚悟が必要でしょう。

レンゲソウ(2005年4月10日、神奈川県山北町谷峨) 大野山から下りてきて、御殿場線の谷峨駅に向かう途中の田んぼです。

050410

« 後期高齢者医療制度 | トップページ | イラク航空自衛隊派遣違憲判断に感じたこと »

コメント

入学式出席停止の件、私も同感です。
仕事してても最近「私のミスじゃないから」という人が多いです。物理的に責任がない場合は無罪放免になるという考えの人が多いのは問題です。確かに子供には責任はなく可哀想ではあります。でも一人一人(この場合は親)が無責任な事をすると関係のない人(子供)にまで迷惑が及ぶものであるということをもっと認識すべきではないでしょうか?
その辺の認識がないと「何をやろうと自分の勝手」といいながらその結果生じる事は関係ないと思う人が多くなると思いますよ。

投稿: | 2008年4月19日 (土) 10時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 後期高齢者医療制度 | トップページ | イラク航空自衛隊派遣違憲判断に感じたこと »