« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月30日 (水)

ガソリン暫定税率の復活

 4月30日の衆議院で租税特別措置法改正案を2/3以上の賛成多数で可決しました。これにより、ガソリンの暫定税率が復活し、価格は1リットル160円を超えるといいます。私自身は、諸外国との比較やわが国の財政事情から、必ずしも安いほうがいいとは思いません。きちんとその税を使ってくれるのなら、払います。でも、すべての税の使われ方が正しいわけではないということは、事実が証明しています。それに何故この連休のど真ん中にガソリンの価格を上げなければならないのでしょうか。法律というものは可決されても、施行時期を連休明けにするというようなことは十分可能でしょう。何故国民の大反発を買ってまで5月1日に値上げしなければならないのですか。自民党は国民感情を逆なでしておいて、バカとしか言いようがありません。

 また、民主党も民主党です。反対なら、きちんと出席して反対票を投じるべきです。与党だけの出席で悠々と2/3をクリアさせることはなかったでしょう。もっとも、代表代行が街頭演説で、「ガソリン税率の値上げ」というようなことを叫んでいましたが、実際は「暫定税率の復活」でしょう。民主党もこの程度のことかとも思います。政治不信、ここに極まれりという感じです。

コイワザクラ(2007年4月29日、丹沢・臼ヶ岳) 丹沢山系にも高山植物のような花が多くあります。なかでも、コイワザクラは丹沢の名花と言ってよいでしょう。

070429

| コメント (0)

2008年4月25日 (金)

アメリカ産牛肉にBSE危険部位

 吉野家の倉庫で、アメリカ産牛肉からBSE(牛海綿状脳症)に関係する危険部位の脊柱が発見されたということです。危険部位が混入していたのは、昨年8月に輸入した牛肉700箱のうちの一箱だそうです。このニュースには二つの驚きがありました。1年近く前に輸入した肉が売られているのですねえ。さすが家庭用の冷凍庫ではないだけあります。家庭用の冷凍庫では1年ももたないでしょう。もうひとつの驚きは、アメリカ農務省の役人が「日本向けでない肉が間違って送られた」と言っていることです。その肉はどこに輸出される予定だったのですかね。そのような肉が輸出される国もいい迷惑でしょう。

 まあ、それにしても吉野家がすぐ届け出たから明らかになりました。吉野家がんばれ!!

ジロボウエンゴサク(2005年4月10日、神奈川県大野山) この花もかわいい花で、雑木林の片隅の日当たりのよいところに群生していました。

050410

| コメント (0)

2008年4月20日 (日)

イラク航空自衛隊派遣違憲判断に感じたこと

 イラクに物資輸送などのために派遣されている航空自衛隊の活動に対し、名古屋高裁が17日に違憲の判断を下しています。判断の根拠は、「イラク内の紛争は国際的な武力紛争であり、バグダッドは戦闘地域である」ということのようです。まあ、あれだけの戦闘やテロが行われているのですから、戦闘地域ではあるでしょうね。バグダッドが非戦闘地域などということはまやかしでしょう。

 裁判所の判断の是非はここでは問いません。ただ、理由を問わず戦闘地域には絶対自衛隊を送らないということには、条件によっては考えてもいいのではないでしょうか。私は18年ほど前、アフリカ大陸のど真ん中にいました。首都から500kmほど離れた農村でした。絶対的な独裁者の影が薄くなってきて、その国のあちこちで暴動が起こり始めていました。私たちのチームが出かけて設営しているキャンプの近くでも暴動が起き、発砲の様子などを無線で刻々とベースキャンプに知らせてきます。私は直ちに日本大使館と連絡を取り指示を請いました。そのときの返事は「日本大使館は何も出来ない、遺書を書いておいてください。」とのことでした。嘘のような本当の話です。確かに、500kmも離れた地方では、大使館は何も出来ないでしょう。担当の係官は本当のことを言ってくれたのです。このときは、日本には緊急時に海外で働いている同胞を救出する仕組みが備わっていないということを身にしみて感じました。わが国を代表しているという気概で働いている人達を救出できないのです。イランイラク戦争のときも同じようなことが起きていました。私は係官の言葉を聞いたときは、本当に天を仰ぎました。勿論、だから自衛隊を派遣しろというつもりはありません。ですが、せめて希望を持たせるような仕組み作りは必要なのではないでしょうか。海外での騒動を経験したものとして一言言わせてもらいました。

タニギキョウ(2007年4月14日) 箱根の畑宿から湯坂路へと登る途中の沢筋に、小さなタニギキョウが咲いています。小さくて目立たないのですが、春を感じさせる花です.

070414 

| コメント (0)

2008年4月13日 (日)

高校入学金未払いの始末

 千葉県の公立高校で、入学金を払わなかった生徒の入学式出席を止めたという。それに対し、教職員組合は教育的配慮が足りないと批判しています。どうしてですか?義務教育ではあるまいし、入学金を払わなければ入学できないのは当たり前でしょう。たとえば、大学で入学金を払わなかったら入学できますか?事前に、「経済的なことがあるのなら申し出てください」とも周知しているわけですから、払えなければ申し出ればよかったのです。子どもよりも、その親の気持ちが知りたいですね。

 高校ともなると、もう社会人への入り口に立ったと自覚すべきでしょう。社会にはルールというものがあります。もっとも、いいルールと悪いルールがありますが。たとえどのようなルールでも、ルールを破るにはそれなりの覚悟が必要でしょう。

レンゲソウ(2005年4月10日、神奈川県山北町谷峨) 大野山から下りてきて、御殿場線の谷峨駅に向かう途中の田んぼです。

050410

| コメント (1)

2008年4月10日 (木)

後期高齢者医療制度

 私の母は89歳です。先日テレビのニュースで、75歳以上の人が新しい保険証を持っていない、というようなことが報道されていました。はっきり言ってどういうことか私には理解できませんでした。母には、「私の健康保険に入っているから関係ないだろう」などとのんびりしたことを言っていたら、どうも関係ありそうな雰囲気です。75歳以上になると今までの保険からはまったく違う保険になるということです。母にそういったら、「そういえばなんか来ていたよ」と言って、新しい保険証が入った郵便物を見せてくれました。

 国民はこの程度の認識なのですよ、舛添さん。私の会社は小さいので、健康保険は政府管掌のものです。でも、社会保険庁からは、私宛にはなにも説明がありません。もちろんのこと、母にもです。厚生省や市町村では、これからもっとよく説明しなければいけないなどと腹が立つことを言っています。なぜ、事前によく説明しなかったのでしょうか。母は89歳です。説明を受けてもよく理解できないかもしれません。でも、その場合には扶養している子供に説明するなどという措置が必要でしょう。なんといっても命がかかっていることですから。

ツルカノコソウ(2007年4月7日、神奈川県大野山) ちょっと湿ったようなところに、小さな白い花をたくさんつけたツルカノコソウが咲いていました。

070407

| コメント (0)

2008年4月 9日 (水)

メタンハイドレート

 メタンハイドレートを、わが国の技術で地中から連続採取することに成功したというニュースが伝わりました。資源小国のわが国で、100年分の天然ガス資源に相当するというメタンハイドレート。実用化すれば、少なくとも当分は天然ガスを輸入しなくても済むことになります。

 メタンハイドレートは、0℃で30気圧以上のような条件で水とメタンが結合したものです。「燃える氷」とも呼ばれていますす。理論上では、水1リットルに216リットルのメタンが含まれます。古くは、天然ガスのパイプラインの中で生成されていたものが発見され、その成因を調べて存在が知られるようになりました。極地や300m以上の深い海の底(つまり30気圧以上)で発見が続いています。わが国の周囲では、四国沖の南海トラフで多量のメタンハイドレートが見つかりした。メタンハイドレートは存在形態が固体で、利用するためには気体に戻さなければならず、海底の場合、どのように採取するかが問題でした。また不用意に海底で気体とし、漏洩した場合、大量のメタンが海や大気に放出されることにもなります。過去の地球温暖化の原因はメタンハイドレートの気化ではないかと言う人もいるくらいです。

 ともあれ、なんでも輸入に頼るわが国にとって、大変うれしいニュースであることに間違いないでしょう。(一言、政治の貧困に腹が立つやらあきれるやらのときに、こんなうれしいニュースがあるとは・・・)

キランソウ(2007年4月7日、神奈川県大野山) 地面にへばりついて存在をアピールしている春の花です。

070407

| コメント (0)

2008年4月 4日 (金)

映画「靖国」と稲田議員

 中国人監督が撮った映画「靖国」の上映が各地で取りやめとなり、話題となっています。きっかけは週刊誌の記事ですが、それを自民党の稲田朋美議員が取り上げ、映画を事前に見せろと言い、文化庁が助成金を出したのはけしからんと騒いでいるからでしょう。「映画は中立的でない、ダライ・ラマの映画に中国が助成金を出しますか?」などと馬鹿なことを記者会見で言っています。「映画を見せろと言ったのは検閲ではない」とも言っていますが、権力を有する国会議員がそう言ったということ事態が検閲を思わせるということに、頭が回らなかったのでしょうかねえ。もっと、おおらかになれませんか。「いいじゃあないですか、日本は中国と違ってこのようにおおらかな国なのですよ」ぐらい言ってくれませんか、稲田さん。

ヤマルリソウ(2007年4月1日、神奈川県広沢寺温泉付近) 大山三峰から下って広沢寺温泉に近くなると、斜面にこの花がたくさん咲いていました。去年からの道路改良工事でだいぶ少なくなったのは残念です。

070401

| コメント (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »