« イラク航空自衛隊派遣違憲判断に感じたこと | トップページ | ガソリン暫定税率の復活 »

2008年4月25日 (金)

アメリカ産牛肉にBSE危険部位

 吉野家の倉庫で、アメリカ産牛肉からBSE(牛海綿状脳症)に関係する危険部位の脊柱が発見されたということです。危険部位が混入していたのは、昨年8月に輸入した牛肉700箱のうちの一箱だそうです。このニュースには二つの驚きがありました。1年近く前に輸入した肉が売られているのですねえ。さすが家庭用の冷凍庫ではないだけあります。家庭用の冷凍庫では1年ももたないでしょう。もうひとつの驚きは、アメリカ農務省の役人が「日本向けでない肉が間違って送られた」と言っていることです。その肉はどこに輸出される予定だったのですかね。そのような肉が輸出される国もいい迷惑でしょう。

 まあ、それにしても吉野家がすぐ届け出たから明らかになりました。吉野家がんばれ!!

ジロボウエンゴサク(2005年4月10日、神奈川県大野山) この花もかわいい花で、雑木林の片隅の日当たりのよいところに群生していました。

050410

« イラク航空自衛隊派遣違憲判断に感じたこと | トップページ | ガソリン暫定税率の復活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イラク航空自衛隊派遣違憲判断に感じたこと | トップページ | ガソリン暫定税率の復活 »