« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月31日 (月)

アーサー・C・クラークのこと

 先日90歳でなくなったアーサー・C・クラークについて、いろいろな新聞が取り上げています。私が彼のSFを呼んだのは、たしか「幼年期の終わり」でしょう。高校生の頃からSFを読み始め、クラークやアシモフを夢中で読んだものです。日本の作家では小松左京や光瀬龍が好きでした。とくに光瀬龍の「百億の昼と千億の夜」が好きでした。筒井康隆の「馬の首風雲録」や「七瀬ふたたび」もよかったですね。

 クラークがわが国で脚光を浴びたのはもちろん「2001年宇宙への旅」でしょう。あの映画の中ではスペースシャトルが登場していました。もちろん宇宙ステーションも。続編で20年後に「2010年」も作られ、映画としてはこちらのほうが面白かったですね。「2010年」の最後でHALがチャンドラー博士に「私も夢を見ますか?」とたずねるところは今でも涙が出てきます。「2001年」も面白かったのですが、謎が多すぎました。でも、HALはIBMの一歩先を行くという意味で名づけられた(HはIの一つ前)とか、スペースシャトルを運行しているのがパンアメリカン航空(もちろん今はありません)であるとか、いろいろと話題となりました。1968年の映画ですが、今見ても古さをまったく感じません。「2010年」では「2001年」の謎の多くが明らかになりました。また、木星が爆発するというアイデアも斬新でした。小松左京もほぼ同時期に同じアイデアの「さよならジュピター(三浦友和主演で映画化されましたが、映画としてはいまいち)」を発表しています。2010年のあと、「2061年」と「3001年(これはだいぶ後になります)」が書かれています。「3001年」は「2001年」でHALに殺された人が発見されて蘇生するという話です。興味のある方はお読み下さい。

フデリンドウ(2007年4月1日、神奈川県鐘ヶ岳) リンドウの中では最も早く咲き始める花です。

070401

| コメント (0)

2008年3月27日 (木)

お正月は休みたい

 何でこんな題にしたのかというと、ヤマダ電機が来年から正月元旦を休みにするという。知りませんでした。このごろいろいろな店が元旦も休まずに営業しているのですね。でも、元旦ぐらい日本国中ゆっくり休んでもいいのではないですか。私など、元旦はゆっくり(と言っても8時くらいですが)起き、おとそを飲んでお雑煮を食べて、ドボルザークの「新世界から」を聞いて、後はごろごろと寝ているということを、何十年もしています。元旦に外出するなどと言うことは考えたこともありません。みなさん、会社を休める人は正月くらいゆっくりしませんか。

ミヤマキケマン(2007年4月7日、大野山) 花粉症で山に行くのがつらく、去年の写真でごまかします。

070407

| コメント (0)

2008年3月22日 (土)

マスクの数

 昨日(3月21日)、花粉症と風邪を抱えて大阪に出張しました。京都で新幹線を降りて近鉄に乗り換えたのですが、そこで気が付いたことはマスクをしている人の少なさです。少ないどころか座席はほぼ埋まっているにもかかわらず、マスクをしているのは私一人でした。日頃通勤するのに、多分東京では1割近いあるいはそれ以上の人がマスクをしているように感じますが、関西は何でこんなに少ないのでしょうか。杉も檜もないのでしょうかねえ。誰か知っている人がいたら教えてください。

炭焼きの煙(2008年3月16日、大野山) 神奈川県にも炭焼をする人がいるのですね。竹林に煙がたなびき、光が差してきれいでした。

080316

| コメント (0)

2008年3月17日 (月)

わけが分からぬ日銀総裁

 恥を忍んで申し上げます。何で日銀総裁が決まらないのでしょうか。民主党は「財政と金融は分離しなければならない。だから財務省出身の総裁は反対だ。」と言っているようです。でも、財政と金融はどこが違うのですか。私から見たら同じように見えるのですがねえ。よしんば違うとしても、どうして財務省出身だからダメなのですか。これも良く分かりません。

 同じような理屈に立法と行政があるでしょう。両方独立していますが、でも行政の人が立法に参加することもありますよね。どこかの省の出身者が、ある日突然今度の選挙に立候補しますのでよろしくお願いしますと、私のようなものにまで握手を求めてきたことがあるのですから。

 まあ、世の中分からないことだらけ。こんな世の中でもなんとなく済んでいることが不思議です。

ユリワサビ(2008年3月16日、丹沢前衛・大野山) これも山菜ですが、私は食べません。ワサビの味がすると物の本には書いてありますが、そんなはっきりとした味はありません。

080316

| コメント (0)

2008年3月13日 (木)

毒草中毒

 3月12日の夕刊各誌で、宮城県の女性の方がドクゼリと見られる野草を食べて重態となっているとでていました。誰かにおいしいと言われたそうですが、本当にドクゼリをおいしいと言ったのならが、あまりの無知か悪意があるとしか思えません。野草や山菜を知っている人ならば、ドクゼリはすぐ見分けられるし、葉をちぎれば悪臭がしますので食べる気にはなれません。

 これから、草木が芽生え、食べられるものも多くなりますが、見分けにくいものの代表にニリンソウとトリカブトがあります。葉が良く似ていて、なれないと見分けられないでしょう。ただし、花はぜんぜん違います。ニリンソウは春に白い花を付けますが、トリカブトは知ってのとおり秋咲く紫の花です。ですから、花が咲いているものを摘めば心配ありません。山では、コバイケイソウとギボウシも間違いやすいといわれています。でも、毒の野草・山菜は少ないので、気をつければたいていのものは食べられます(もっともおいしいかどうかは別ですが)。私などは、この季節は山菜を採るのが楽しみで山に行くのです。

ニリンソウ(2004年4月3日、横浜郊外寺家)、横浜のような大都会でも、郊外には森が広がり、丘の裾野の湧水があるところには、ニリンソウやヤマミツバ、セリなどがあります。

040403

| コメント (0)

2008年3月11日 (火)

それでもわたしはやってない

 先日テレビで「それでもボクはやってない」という周防正行監督の映画をやっていました。痴漢の冤罪事件で、逮捕から控訴までの物語ですが、裁判官が変わるとあれほど対応が違うものかと恐ろしくなります。日常的に起こりうることなので、これが法治国家であろうかという気にもなります。同じような事件で、無罪を勝ち取った女性がいます。3月3日の控訴審判決で逆転無罪となりました。男友達のマンションのドアを蹴破って侵入し、器物損壊罪に問われたものです。1審では有罪となっていますが、2審では、蹴破った穴ではその女性(胸囲102cm)は穴が小さくて入れないという検証が行われたということです。ここで疑問なのは、なぜ1審で検証が行われなかったのかということです。1審で検証が行われていれば、そこで無罪となり2審までの無駄な時間が要らなかったはずです。検察側・弁護側および裁判所も猛反省すべきでしょう。

 この事件、新聞によっては面白半分に取り上げていたようですが、私は映画を見た後なので空恐ろしくなりました。

春まだ遠いブナ林(2008年3月9日、丹沢山) この日は下界では気温が16℃にもなったのですが、標高1567mの丹沢山では、雪が1mほどあり頂上はまだ粉雪でした。寒かった。

080309

| コメント (0)

2008年3月 5日 (水)

高松山(その2)

 前回、高松山に登るのに、菜の花を摘みつみ登り、それをラーメンの具にすると書いたら、「菜の花を洗いもしないでラーメンに入れるのですか」と言われてしまいました。う~ん・・・・、山で取った山菜なんか、その場で食べるのにまず洗いませんね。だいたい、洗うような水がありません。そりゃあ、ほこりもかかっているでしょうし、場合によっては犬の・・・・も。今までそんなこと気にもしなかったのですがね。もっとも、学生の頃、暗いテントの中で昼飯用におにぎりを作って、昼に食べようとしたら虫が入っていたことが良くありましたが、仲間はみんな「な~に、動物蛋白だよ。」と言って食べたくらいです。まあ、気にしたらきりがありませんのでね。

梅林と菜の花(2008年3月1日、丹沢前衛・高松山麓)このあたりでも菜の花を摘みました。

080301

| コメント (0)

2008年3月 2日 (日)

高松山

 3月1日に、1ヶ月ぶりでハイキングに行って来ました。ここ10年ほど、3月になると必ず行く山です。たまに2月に行くこともあるのですが、やはりこの山は3月です。丹沢山塊の南に700~1000m程度の山が東西に連なっています。伊豆半島がフィリピン海プレートに乗って日本にぶつかった時、丹沢山塊が出来ましたが、そのついでに出来た山々です。春になるとこれらの山々のうち、高松山や大野山に次々と他の山に先駆けて花が咲き始めます。高松山は桜の山として紹介されることが多いのですが、私は梅の花の頃が好きです。2月中旬に麓から咲き始め、3月中旬には中腹の高松の集落付近が満開となります。菜の花も多く、道端にいくらでも咲いています。私は菜の花を摘みつみ登ります。これを頂上で作るラーメンの具にするわけです。余ったものは持ち帰り、おひたしにします。私は、山に行くときコンロやコッヘルと共に小さなフライパンをもって行きます。これでモヤシやタマネギを炒めるわけですが、そのなかに菜の花も入れます。インスタントラーメンですが、これらの具のおかげで、食べるときは至福のひと時を過ごすことができます。これから山は色々な花を見せてくれて、色々な山菜を恵んでくれます。ワラビ、ミヤマイラクサ、ノビルは4月ごろの楽しみです。

オオイヌノフグリ(2008年3月1日、丹沢前衛・高松山麓)、少しかわいそうな名前ですが、春一番に土手や畑の隅に咲き始めます。この頃の花では、ホトケノザとともに好きな花のひとつです。

08

| コメント (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »