« 沖縄の少女暴行事件に対する対応について | トップページ | イージス艦衝突に関する衆院安保委審議 »

2008年2月22日 (金)

風邪薬

 19日あたりから咳が出るようになって、21日に大学時代の友人3人と神田で飲んだせいかどうか、今日(22日)の朝、のどが強烈に痛むのと同時に38度の熱が出てしまいました。出社して、必要な指示をしてから会社の近くの病院(よく誤診をするという評判の土手医者)に行き診察してもらいました。ただの風邪ということで、処方箋をいただいたのですが、薬局へ行って薬をもらって、あきれたのはその多さです。5種類の薬とトローチが出てきました。何でこんなにたくさん薬を飲まなければいけないのだろうか。薬の説明書には似たような効能が並んでいます。解熱が2種類、痛み止めが2種類、抗生物質が1種類です。こんなに飲んだら胃が悪くならないだろうか?もっとも私の友人は、薬に負けない薬を調合してもらったと言っていました。医者も少ない薬では心配なのでしょうかねえ。1回ぐらいは全部の薬を飲んで見ますが、状態がよくなったら多分全部は飲まないでしょうね。では、家に帰って寝ることにします。

イワヒゲ(2007年6月30日、岩手県薬師岳)

25

« 沖縄の少女暴行事件に対する対応について | トップページ | イージス艦衝突に関する衆院安保委審議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風邪薬:

« 沖縄の少女暴行事件に対する対応について | トップページ | イージス艦衝突に関する衆院安保委審議 »