丸山穂高

 東大を出て経済産業省の官僚だった日本維新の会の丸山穂高議員が、北方四島を訪れた際国後島の宿泊先で訪問団の団長に「北方領土を取り返すには戦争をするしかない」という趣旨の発言をして団長にたしなめられました。その発言は録音されていて、ごまかしようもなかったでしょう。我が国の国会議員がここまでバカだったかと改めて感じさせられました。しかも東大を出たエリート官僚だった人から出た言葉です。酒に酔った発言ということですが、本音なのでしょうね。

 仮に彼のいうことを聞いたとしても、本気でロシアと戦争をしたいと穂高議員は思っているのでしょうか。いったいどうやって戦争するのですか。ロシアに勝って北方領土を奪い返せると思っているのでしょうか。勝てるわけはありません。第二次大戦があまりにも悲惨であったために、我が国は二度と戦争はしないと誓ったのではないですか。名前は「穂高」と気高いのに中身が全くないことには名付けた親も嘆き悲しむでしょうね。こんなやつを国会議員にえらんだ国民が哀れですよ。ところで本人の座右の銘は「誠意、万策に勝る」だそうです。おかしいですね。

アカヤシオ(2019年5月16日 赤城・鳥居峠)先週に続いてアカヤシオです。南牧村ではヒトツバナと呼ばれていますが、赤城ではアカギツツジと呼ばれています。ここ鳥居峠は峰一つがアカヤシオのピンクに染まります。

190516

| コメント (0)

2019年5月13日 (月)

南牧村の烏帽子岳

 群馬県南牧村は群馬県の西のはずれにあり、1000~1500mほどの山に囲まれた村です。面積は広いのですが人口は1900人ほどで、65歳以上の割合(高齢化率)が6割を占める過疎の村で、村そのものの消滅が危惧されています。そんな村ですが私は年10回以上南牧村の山に登ります。春には山は花に覆われ、秋は紅葉がきれいで、山間の谷には滝も多くあります。登る山は多く、桧沢岳・三ッ岩山・黒滝山・鹿岳・四ッ又山・大屋山・立岩・毛無岩・大岩などなど数えきれません。

 先日マイクロバス転落のニュースがあった烏帽子岳(1182m)も南牧村にあり、4月下旬から5月上旬にかけては岩峰に咲くアカヤシオを見に、多くの登山客が訪れます。多いといっても何万人などではなく、シーズン中でも何百人いるかどうかです。それでも休みの日には何十人もの人が登るでしょう。駐車場前の登山口から南へ入り、群界尾根という1200mほどの峰の一つのマル(変な名前の山です)に登り、そこから北へと少し下ってアカヤシオの中をたどります。烏帽子岳の基部からは岩をよじ登って山頂に立ちます。頂上からは北側の眺めがよく、南側もアカヤシオがきれいな群界尾根がよく見えます。群界尾根を東へとたどればこれもアカヤシオが見事なシラケ山(1274m)や天狗岩にたどり着けます。アカヤシオは南牧村ではヒトツバナ(一つ花)と呼ばれて大切にされています。

岩壁を彩るアカヤシオ(2019年5月8日 天狗岩からシラケ山を望む) 群界尾根の東のはずれのシラケ山の岩壁を天狗岩から撮ったものです。

190508

| コメント (0)

2019年5月 7日 (火)

10連休の高速道

 令和の10連休が終わりました。まあ、セミリタイアの私にとっては関係のなかったことでしたが、巷は海外旅行などで大忙しだったみたいです。私もなぜか所用があって高崎・横浜(約170km)を車で2回往復しました。1回目は5月2日、2回目は連休最後の6日です。2日は横浜の約束が9時であったため、朝5時に家を出ました。まあ上りはそれほどの渋滞はないだろうと思ったのですが、念のため早朝出発にしたのです。家からですと30分ほどで高崎インターにつき、関越自動車道に乗って練馬で外環、美女木から首都高、板橋から中環、大井で湾岸のコースですが、何の渋滞もなくベイブリッジ下の大黒Pまでわずか2時間10分でした。

 ところが帰りは関越の大渋滞に巻き込まれました。練馬から嵐山付近まで40kmほどノロノロ運転でした。おもしろいことに、5月6日は往復とも高速道での渋滞はなく、順調でした。連休最終日でしたので予測では東京方面の上りが高坂サービスエリア付近を先頭に20kmとなっていましたが渋滞は生じませんでした。帰りは17時ころに高坂付近を通過したのですが、反対車線の上りも順調に流れていました。こんなこともあるんですねえ、みんなが賢くなったのでしょうか・・・。

ヒカゲツツジ(2019年4月23日 西上州・大屋山) 西上州の春の山を代表する花はアカヤシオですが、アカヤシオとほぼ同じようなところに咲くヒカゲツツジは目立たない花です。アカヤシオみたいに豪華さを誇るわけではなく、ひっそりと咲いています。

190423

| コメント (0)

2019年4月22日 (月)

10連休

 世の中は、平成の終わり・令和の始まり、天皇の退位と即位、祝日の水増しなどなど大騒ぎです。即位の日の5月1日が臨時の祝日となり、おかげで祝日に挟まれた4月30日と5月2日までもが国民の休日となってしまい、今年のゴールデンウィークは土曜日を入れて4月27日から5月6日まで10日間も休日が続くことになります。まあ、半リタイアの私にはあまり関係のないことですが、世の中こんなに休んでいいのかね、と自分を棚に上げて思っています。

 各人が自分の意志で自由に10日間休みをとれるのならいいですが、全国一斉にお国が決めた休みを全国民がとるのですから、大政翼賛会的な休みですね。まあ、みんなでとれば怖くないですかね。それでも休めない人は大勢いて、交通関係やスーパー・コンビニなどの流通関係、ごみ収集にかかわる人たちは10連休など夢でしょう。そこそこの企業に勤めるサラリーマンやサラリーウーマンのための10連休なのでしょうね。10連休を休めない人には振り替え休日がとれるのでしょうか。また、日給月給の人たちはそれだけ減収になるのでしょうね。

エイザンスミレ(2019年4月16日 西上州・大屋山) 日本にはスミレが300種もあるといわれています。スミレの中で私はこのエイザンスミレが好きです。

190416

| コメント (0)

2019年4月15日 (月)

山菜の季節

今日(4月15日)は出勤日で、昨日家の裏庭で採ったギボウシを会社に持参しました。ギボウシは東北ではウルイといって、春の山菜ではポピュラーなものです。山では1000~2000mほどの湿地に多く生え、夏に紫色の花を咲かせます。平地でもよく育ち、我が家ではだいぶ株分けして増やしました。若葉のころは毒草のコバイケイソウと間違えて食べてしまうこともあるということです。ギボウシは湯がいておひたしにして食べます。わずかな苦みとぬめり感があっておいしいものです。

 我が家の庭では3月下旬にヤブカンゾウが採れ始め、ギボウシが次に採れます。山のニッコウキスゲはヤブカンゾウと同じ種類で食べられますが。さすがに採ったりはしませんね。庭のヤブカンゾウは増えて困るくらいで、近所の人に分けたり会社に持って行ったりします。次はタラノメでだいぶ芽が膨らんできました。あと1週間くらいで食べられるようになるでしょう。うれしい季節です。

ミツバツツジ(2019年4月9日 吉井・八束山)ようやく七分咲きで、去年よりも10日は遅いくらいです。ヤマツツジは三分咲きで、これも遅く山菜も今年は遅いのでしょうね。

190409

| コメント (0)

2019年4月 8日 (月)

統一地方選

 昨日統一地方選挙の投票をしました。群馬県では県議選だけでしたが、21日には高崎市議選が行われます。どうせなら一日でやってくれればよかったのですがね。今回の高崎選挙区では、定員9人のところ10人が立候補しました。毎日選挙カーや運動員が我が家の周辺に来ていました。今年から各戸に運動員が来てビラ配りをするのがよくなったのでしょうかね。候補者本人や運動員が来てビラを置いていきます。先日は本人か運動員かはわかりませんが、「〇〇です」と玄関で言っていたので「どちらの〇〇さんでしょうか?」と聞いたら黙って帰ってしまいました。どうやら選挙の関係だったようです。それなら「県議選に立候補した〇〇です」といえばいいのに、ただの「〇〇です」では押し売りと同じですよ。

 まあこの候補は確実に票を減らしたでしょう。昔は戸別訪問は禁止されていたのですが、だんだんと緩くなってきて、ネットやメールでの情報提供・売り込みなども解禁されるのでしょうか。地方選挙は議員のなり手がいなくなったり、投票率が大きく低下したりして曲がり角に立っています。どうしたらいいのでしょうかね。

カントウタンポポ(2019年4月4日 富岡市郊外) 一時はわが国固有のタンポポは西洋タンポポに駆逐されてほとんど見なくなっていたのですが、この頃はよく見かけるようになりました。ススキもそうですが固有の植物が帰化植物に反撃しているのでしょうね。

190404  

| コメント (0)

2019年4月 1日 (月)

JRダイヤ改正

 3月16日にJRはダイヤを改正しました。私は週に一度高崎の郊外から東京の会社に通っています。JRのダイヤ改正により私の通勤が大きく変わることがあります。何年か前の改正では、朝いつも乗る信越線の電車がなくなって、会社の始業時間に間に合わなくなりました。会社には2~3分の遅れを大目に見てもらっています。信越線の本数は少ないのですが、新幹線は多いので大幅には遅れなくて済んでいました。

 でも、帰りは大変です。朝や晩のラッシュ時は1時間に2本ほどあるのですが、そのほかの時間帯は1時間に1本しかありません。新幹線との乗り換えがうまくいかないと1時間近く待たされることになります。今度の改正がまさにこれでした。帰りにいつも乗っていた「たにがわ」は途中の本庄早稲田駅で通過待ちのため 3分ほど止まるようになったのです。このため高崎駅への到着が遅れ、いつもの信越線に乗れなくなり次の電車まで50分も待つ羽目になりました。しかし、通過待ちとは言えども、平日は通貨列車はないのです。どうやら臨時列車のための通過待ちのようです。なら、臨時列車運行時だけにしろよと言いたくなります。会社に話して退社時間を15分早めてもらい、1本早い新幹線に乗ることができるようになりましたが、腹が立ちます。

カタクリ(2019年3月26日 赤城山麓・嶺公園) 峯公園には赤城の湧水を利用してつくられたミズバショウやリュウキンカが咲く湿性地があります。丘にはカタクリも植えられています。

190326

| コメント (0)

2019年3月25日 (月)

スマホ嫌い

 私はスマホを持っていません。携帯は持っていますが、いわゆるガラケーで電話とショートメール以外は使いません。このガラケーも使い始めてから10年以上になります。電池を一度交換しましたがまたまた保ちが悪くなってきました。電池がオシャカになったら携帯もやめるつもりです。何十年か前、携帯がアナログだったころに、勤めていた会社で使い始めたのは私はとても早かったです。わが部署の現場に出る社員全員に携帯を持たせたのは会社で最初だったでしょう。現場に出ていたころは携帯は必需品でした。でも今の隠居生活では必要なくなりました。

 世の中はスマホが絶頂期で、電車に乗ると半数以上の人がスマホの画面とにらめっこしています。歩きスマホや運転スマホなど、あんなものを見なければ生きていけないほどに感じているのでしょうかね。あまのじゃくの私はそのような光景を見るたびにスマホなど絶対に持たないと思っています。今の世の中キャッシュレスの時代になりつつあり、カードどころかスマホ決済が当たり前になってきました。でも私は絶対に持ちません。スイカとJCBのカードがあれば十分ですから。

アセビ(2019年3月19日 西上州・桧沢岳) 関東の山には尾根筋に多く生えています。色は白が普通なのですが、我が家の庭にはピンクのアセビが植えられています。

190319_1  


| コメント (0)

2019年3月18日 (月)

ニュージーランドの惨劇

 ニュージーランド南東のクライストチャーチで、20代の若者がイスラム教のモスク2か所を襲い、銃を乱射して49名の命を奪い多くの負傷者を出しています。犯人は「移民が白人社会を脅かしている」ことを動機としているようです。私は全く知らなかったのですが、治安のよいとされているニュージーランドでは、16歳になれば銃保有の許可が得られるということです。犯人はセミオートの小銃2丁を含め5丁の銃を使用しています。人口500万人に届かない国で100万丁を超える銃が流通しているとは驚きです。アメリカ以外の先進国にもこんな国があったですね。しかも治安が良いと評判の国ですよ。もっとも、調べてみたらスイスはこれ以上の保有率ですが・・・。
 
 わが国でも審査に通れば銃の所有は可能ですが、銃の種類・保管場所・更新など世界で最も厳しい規制が敷かれています。銃規制の厳しさが治安の良さにつながるかは別問題ですが、少なくとも大量殺戮は起こしにくくなるでしょう。大量殺戮の手段は銃のほかには薬品や爆薬がありますが、銃規制が緩い国では銃が最も手軽で安価でしょう。アメリカを含めて銃規制を厳しくし、許可するとしても大量殺戮が可能な銃器は禁止すべきでしょうね。
 
オカメザクラ(2019年3月14日 庭で) オカメザクラは桜の園芸品種で、カンヒザクラ(沖縄に咲いている桜)とマメザクラ(中部・関東)の交配種だそうです。毎年3月中旬には咲きます。あまり大きくならず、我が家のものは苗を植えて5年以上になるのですが、1.5mほどの高さで、花をいっぱい咲かせます。我が家にはこのほかソメイヨシノとサクランボの佐藤錦・ナポレオン・暖地桜桃があります。
 
190314

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月11日 (月)

3.11その日私は

 8年前の今日、日本は日本海溝付近を震源とするM9の大地震に見舞われました。地震に伴い東北から関東の太平洋岸を大津波が襲い、多くの人命が失われました。今もって行方が分からない人が2500人もいます。津波は東電の原発にも壊滅的な被害をもたらし、8年たった今でも古里以外で避難生活をしている人が多くいます。あの日私はお客様を15時に訪ねる予定で品川駅付近を歩いていました。突然足元が不安定になり地面が揺れだしました。ドカンとかいう感覚ではなく、ユサユサという感覚でしたかね。前を見るとビルが大きく揺れて、右に左にたわんで(曲がったように見えました)いました。立っていられないほど激しい揺れというほどではなかったのですが、あのビルを見たときは怖かったです。
 
 お客様と連絡も取れず、品川駅に戻っても当然ながら電車は動いていないので、仕方なく東京方面へと国道を歩きました。不謹慎ながら、のどが渇いたのでレストランに入りビールを飲みました。地震でも営業している店が多かったです。何とか東京駅にたどり着きましたが、電車が動いていないので地下の通路に座り込んでいました。通路にあったテレビでは三陸から宮城県にかけてを襲う大津波の映像を繰り返し何回も流していました。しばらくして地下鉄が動き始め、なんとか会社にたどり着いて一夜を明かしたことを昨日のように思い出します。
 
ショカツサイ(2019年3月5日 吉井・朝日岳山麓で) ハナダイコンとも呼ばれている帰化植物です。中国原産で江戸時代には日本に広がっていたそうです。今は野生化してあちこちで見ることができます。今年はだいぶ早く咲き始めました。我が家の庭ではやブカンゾウが芽を出し、湯がいておひたしにして食べました。今日は会社にもたくさん持ってきました。
 
190305
studio

| コメント (0) | トラックバック (0)

«傑作川柳