新型肺炎

 中国に源を発したコロナウィルスによる新型肺炎が世界を恐怖に陥れています。中国では判明しただけで感染者は7万人を超え、死者は1770になりました(2月17日現在)。日本でもクルーズ船を含めると感染者は400人を超え、中国に次いで多くなっています。このウィルスは感染力はそれほど強くないといわれていましたが、閉鎖空間ではかなりの感染力を発揮するようです。クルーズ船や、感染者が出た新年会が行われた屋形船では1割程度の感染となっています。インフルエンザに比べればそれほど怖いウィルスではないという人もいますが、まだワクチンや有効な治療法がない以上、怖がるのは当たり前でしょう。

 世界がこれほど空間的にも時間的にも狭くなった以上、水際で食い止められると考えるのは甘すぎるでしょう。感染者には発症していない人もいるくらいです。感染も咳やくしゃみの飛沫や接触だけではないと考えるのがよいかもしれませんね。いずれにしてもワクチンと治療薬の一刻も早い開発が望まれます。

紅梅とミツバチ(2020年2月14日 庭で) 庭の紅梅が三分咲きになりました。甘い香りに誘われてか、ミツバチが何匹か蜜を吸いに来ています。白い梅もだいぶ咲き始めました。

200214

| コメント (0)

2020年2月25日 (火)

オランダの温室効果ガス判決

 昨年の12月20日、オランダの最高裁判所が自国の政府に対し、2020年末までに1990年比で温室効果ガスを25%削減せよとの判決を下しました。オランダ政府はそれまで20%削減で済ませようとしていたのですが、不十分と判断されたのです。デンマークやドイツは40%を目標にしています。国土の1/4が海面下にあり、温暖化の影響をもろに受ける国なのでしょうが、国としてはあまり積極的ではありませんでした。オランダの裁判は日本と同じ3審制です。2015年の1審、2018年の2審とも「温室効果ガス削減は市民を守る政府の義務」としていましたが、最高裁もそれと同じく25%削減を命じたものです。オランダは18年末までに削減されたのは15%に留まっているのです。

 日本はどうなっているのでしょうか。目標は2030年度までに2013年度比26%削減です。今のところ目標に近づいているということですが、これからはさらに厳しい状況となりそうです。そんな中で、小泉環境大臣は温室効果ガス排出が多い石炭火力を抑制しようとしていましたが、政府内や自民党からの反発を受けてあきらめたようです。この前の国際会議でも少々笑いものになってしまいました。今の安倍政権はトランプと同じで、地球温暖化が温室効果ガスの排出による人為的なものとは考えていないのでしょうね。人口1700万人のオランダでの最高裁判決では「オランダ1国での取り組みは影響は大きくないが、全ての国が責任を共に負う責務がある」としていますよ。

ツグミ(2020年2月24日 庭で) ツグミは9月頃に日本にやって来る渡り鳥だそうです。スズメにちょっと似ていますが体は2倍くらい大きいです。今庭ではツグミ・スズメ・ジョウビタキ・ヒヨドリがよく遊んでいます。

200224

| コメント (0)

2020年2月10日 (月)

MDウォークマン

 先週は久しぶりに出張していてブログの更新をしませんでした。ごめんなさい。出張は大阪で、7年ぶりでした。新幹線に長時間乗りますので、退屈しのぎにウォークマンを持っていきました。先回のブログではMDのことを書きましたので、今回はMDウォークマンのことを書きましょう。出張に持って行ったのはメモリータイプのウォークマンです。容量は8GBですから500曲以上は入りますかね。私はスマホを持っていませんので、外出先で音楽を聴くのはすべてこれです。ウォークマンは以前はMDのものがありました。その前はもちろんカセットテープでした。MDウォークマンが発売されたのは1990年代前半で2010年頃にはなくなっていますから、寿命はわずか十数年でしたでしょう。でも私は重宝して今も利用しています。

 納屋には古いMDラジカセがありますが、もう壊れて動きません。でもAUX端子が付いていますのでMDウォークマンを接続して聴いています。カーステレオにもAUX端子がありますので、これにもMDウォークマンです。多分2000年頃でしょうが、MDは2倍・4倍の長さの録音ができるようになりました。MDディスクも最長80分がありますので、4倍にすれば320分も録音できます。4倍だとさすがに音質は悪く、ちょっと高級なラジカセ程度の音になってしまいますが、2倍であれば音質劣化は目立ちません。家のステレオシステムでも大丈夫なくらいです。昔のLPはせいぜい40~50分程度でしたから、MD1 枚に2倍でもLP3枚以上は入ってしまいます。カーステレオではCD交換の手間もなく快適に聴けますよ。

フクジュソウ(2020年2月3日 庭で) ようやくフクジュソウが咲きました。暖冬の割には遅かったですね。先週には紅梅と梅も咲き始めています。この頃寒い日が続きますが、間違いなく春が近づいています。

200203

| コメント (0)

2020年1月27日 (月)

MD(ミニディスク)

 昨年の12月9日に、新しく購入した車のカーステレオにAUX端子が付いている話をしました。以前の車はカーステレオはCDで聴いていたのですが、今度の車ではCDは使わずにAUX端子接続のMDウォークマンを使っています。MD(ミニディスク)は1992年にソニーが開発発売したもので、MDデッキも発売されました。私は初期のころのMDデッキを購入し、エアチェックもそれまでカセットデッキを使っていたものがMDデッキに代わりました。その頃は1982年にレコードに代わってCDソフトが発売されてからのオーディオ音源の移行が完了した時期ともなり、LPレコードは聞かなくなっていました。LPレコードをせっせとMDにダビングしたものです。

 我が家のオーディオシステムはそれほど高価なものではありません。アンプはせいぜい数万円で、もう十年以上前のものです。CDデッキはマランツのMDデッキとのコンビネーションで、CDからMDへのダビングがワンタッチでできます。MDデッキはMDLP対応で2倍4倍の長時間録音ができます。録音速度も最大4倍で、60分のCDも15分でダビングできます。便利ですね。でも、もう MDデッキなどはこの世からほとんど消えました。私のMDデッキもいつ壊れるかと心配しながら使っています。

南天の実(2020年1月15日 高崎市吉井町で)山から下りて集落を歩いていると、南天の実が目に入りました。正月の飾りにも使われます。我が家にも南天はあるのですが、実はつけたことがありません。

200115

| コメント (0)

2020年1月20日 (月)

群馬の山・小沢岳

 冬の山には花もなく写真は撮れません。冬は花の写真も種が尽きまして、たまには山の写真を載せます。ついでにあまり知られていなくて、私がよく登る山の話もしましょう。群馬は海がなく、三方を山に囲まれています。群馬県西部地方は西毛(西上州の意味)とよばれ、山また山です。西毛は利根川の西側を指しますが、東毛とは気候・風習・食習慣が違います。我が家は高崎市の西はずれ、安中市との境付近にありますが、東毛の前橋と比べますと、冬は穏やかで空っ風も強くは吹きません。山々は、国境の山は別ですが1000m以下の山であれば雪も少なく、陽だまりハイクに適しています。

 小沢岳(1089m)は下仁田町にあります。下仁田の街からみると見事な三角錐の形をしていて、低いながら目立つ山です。昨年の台風19号の前であれば、無理すれば標高850mほどの椚峠まで林道を通って車が入り、そこから1時間くらいで登れました。私はいつも下の林道入り口から登りますが、それでも2時間はかかりません。登山道は椚峠から尾根伝いの1本だけです。尾根は杉・桧林と広葉樹林の境界になっていて、頂上直下まで続きます。頂上はいわゆる秩父古生層の緑色片岩やチャートの岩場で360度の大展望です。近いところの浅間山や御荷鉾山塊、遠くは北アルプスや八ヶ岳が望めます、私はこの山が好きで、年2~3回は登ります。4月下旬から5月上旬は山頂でアカヤシオが咲きます。

小沢岳(2019年1月8日 隣の桧沢岳から)下仁田からは三角錐に見えるのですが、横から見るとなだらかな頂上尾根となっています。尾根の右側が登山道です。

190108

| コメント (0)

2020年1月14日 (火)

激混みの通勤電車

 今朝7時前に京浜東北線鶯谷駅で起きた人身事故で、京浜東北線と高崎線が止まりました。山手線や宇都宮線は動いたみたいですが大幅な遅れとなり、上尾駅や川口駅では入場規制が行われました。おかげで埼京線は激混みとなり、大宮駅ではいつもの3~4倍の人がホームに並んでいました。何とか乗り込んだのですが、身動きが取れません。私が朝の通勤で利用するのは埼京線の通勤快速ですが、こんなに混んだのは何年ぶりでしょうか。

 大宮駅での発車は4分遅れ程度だったのですが、会社最寄りの板橋駅に到着したのは25分遅れでした。もちろん座れませんし、つり革にも棒にもつかまれなくて、電車が動いたり停まったりするたびに大波に揺られるように1~2m動かされました。感心するのはこんなに混んでいてもスマホをいじっている人がいることです。中毒もそこまでくれば病気でしょう。板橋駅にたどり着いたときは、3日分くらい運動した気分になりました。年寄りにはこたえますね。

ロウバイ(2020年1月13日 庭で) 庭のロウバイが満開になりました。例年よりも1週間以上早く、強い香りを放っています。

200113

| コメント (0)

2020年1月 6日 (月)

あけましておめでとうございます

 今年は令和初の新年ということです。それも私の干支のネズミの年ですね。時代区分を明治・大正のような天皇の即位期間と同じにするようになってからであれば、私は昭和・平成・令和の3時代を生きたことになります。昭和23年生まれの私にとって昭和の幼少期は戦後のドサクサの時代でありました。食べるものも十分ではなく、母はよく「お前のお喰い初めに白米を張べさせてやれなかった」と言っていました。父の給料も安かったのでしょう。でも、周りもみんな貧乏でしたから、みじめな感じは全くありませんでした。

 昭和の終わりごろから平成にかけては、バブル景気やリーマンショックがありましたが、総じて物が有り余る世の中でした。子供の数が減り始め、各家庭に子供は一人か二人しかいません。家の周りでも子供の声が聞こえなくなりました。子供がいないということは、人類が滅びる前兆といえるでしょう。保育園の建設に子供の声がうるさいという理由で反対する輩は、子供が減るということをどのように感じているのでしょうか。令和は人が滅亡する先駆けとなる時代になるように思えてなりません。まあ、私はもう子供を増やそうなどという力は全くありませんがね。

八幡八幡宮(2020年1月1日)私の家のすぐ近所にある古い八幡宮で、私の町名も八幡町になっています。私が引っ越した十年ほど前は初詣に長い行列ができていたのですが、今年はこんなに少なくなっています。

200101

| コメント (0)

2019年12月30日 (月)

1年間お世話になりました

 今年も残すところ今日と明日だけです。1年なんてあっという間ですね。今年わが身に起こった出来事として大きなものは、皮膚病に罹ったことです。3月頃に体のあちこちがかゆくなり、適当に市販の塗り薬で済ませていたのですが、だんだんとひどくなり5月に皮膚科に掛かりました。診断は「結節性痒疹」ということで、原因不明で完治が難しく、難病のたぐいだそうです。人にうつることはなく、命に別状はないようですが、残念ながら酒が飲めなくなりました。飲むとかゆみが増すのです。ビール1杯程度であれば飲めますが、たくさんはいけません。

 私は自宅の果物などを使って果実酒を作っているのですが、飲めなくなったので寝かせてあります。梅酒は3升ありますね。思い出したように会社に持って行って飲んでもらっています。日本酒の「越乃寒梅」は料理酒になってしまいました。ビールはもう半年も冷蔵庫で寝ています。賞味期限は大丈夫でしょうかね。果実酒は寝かせただけおいしくなりますので当分はこのままにしておきます。でも来年の梅は酒ではなくジュースにしましょうかね。ともあれ、この1年ご覧いただいてありがとうございました。来年も何とか頑張ります。

台風19号の被害(2019年12月18日 小沢岳)今年の出来事で大きなものに台風19号の被害があります。10月12日夜に関東地方を通り抜けましたが、途方もない雨を降らせました。写真は私がよく行く小沢岳の林道です。林道全域がえぐられていました。修復はかなり難しいでしょうね。

19121819

| コメント (0)

2019年12月24日 (火)

中村さんに勲章

 アフガニスタンで非業の死を遂げた中村さんに、日本政府は旭日小綬章を授与することに決定したそうです。首相感謝状も贈るそうです。なんで今更とってつけたようなことをするのでしょうか。そんな勲章授与をするくらいなら、安倍自ら棺を出迎えることぐらいできなかったのでしょうかね。アフガニスタンでは棺を飛行機に積むとき、ガニ大統領が自ら棺を担っていました。亡くなられた中村さんに対しこれ以上ない敬意をもって送ってくださったのです。日本に棺が着いたとき、迎えたのは副大臣かなにかの下っ端ですよ。せめて外務大臣あたりが出迎えたなら、多少は日本政府も敬意を払ったと認められるでしょうがね。

 ガニ大統領の最大限の弔意を見て、日本政府もあわてたのでしょうかね。とってつけたような勲章と感謝状授与です。管は「多大な功績をたたえ、感謝状を授与する」といったそうです。そんなことをいまさら言うくらいなら、何で生前の活動に対し多少でも援助することができなかったのでしょうかね。どうにもこうにも腹が立って仕方ありません。

浅間山(2019年12月24日 南牧村の桧沢岳から) だいぶ前に浅間山は初冠雪したのですが、それも融けてしまい数日前まで黒い地肌がずっと見えていました。2日前の寒波と雪でようやく麓近くまで白くなりました。

191224

| コメント (0)

2019年12月16日 (月)

国会議員の給料泥棒

 国会議員は国民に選ばれて国政を担うのですから、給料が高くてもそれなりの仕事をしてくれればいいのです。大臣とか政務官とかの役につかない平議員だと月130万円ほどです。業績に関係なくボーナスも出ますので、これだけで年収は2200万円になります。このほかに月100万円の通信交通費も出ます。国会議員は立法府に勤めるのですから、いろいろなことを、調べてチェックして、国会で審議して法律を作り国を導くことでしょう。ですから国会に出席することは基本中の基本です。ところが国会に出席もしないで給料を全額もらっている(もちろんボーナスも)議員がいます。まあ、出社もせずに給料をもらうサラリーマンのようで、民間ではありえないことです。

 誰のことかといえば、選挙運動やお金の問題で大臣を辞任した菅原・河井両人で、河合は辞任の原因となった同じ国会議員の奥さんも出席していません。夫婦そろって給料泥棒です。辞任の原因を国会で追及されたくないのでしょうね。こんなことは政党や会派に関係なくきちんとすべき問題です。職場放棄の議員は辞めさせることができないのですかね。

ホトケノザ(2019年12月15日 庭で)ホトケノザはほおっておくと畑一面に広がってしまいます。草取りをせっせとしなければならないのですが、全部は取り切れずあちこちに小さなピンクの花を春まで咲かせます。

191215

| コメント (0)

«車を替えました